債券の初心者の方ためのおすすめの本をご紹介!

MENU

債券の初心者におくるおすすめ本 – 債券投資の基礎を学ぼう

債券投資を始めてみようと思ったものの、なんだか難しそうでよくわからない・・・。そんな方のために債券の基礎的な知識を学べるおすすめの本をピックアップ。初心者の方でもスラスラ読める債券の入門書を厳選してご紹介します。これを読んで債券の知識を身につけましょう!

最新債券の基本とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

「最新債券の基本とカラクリがよ~くわかる本[第3版]」・画像

新着最新債券の基本とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

久保田博幸著

単行本 224ページ
出版社 秀和システム
発売日 2016年6月22日
価格 紙書籍版 1,620円(税込)

債券投資の基本となる債券の仕組みや金利のメカニズムをはじめ、債券売買に欠かせない債券の発行から償還までの流れ、マイナス金利政策と債券の関係などを解説。国債が抱える問題点や、デリバティブ取引・仕組み債など、経済ニュースで見かけてもなんとなく曖昧なままきちんと理解していなかった債券のすべてが一冊でわかる内容となっている。
これから債券投資を始めようとする個人投資家であれば、ぜひ読んでおきたい、債券初心者におすすめの一冊。

著者紹介

フリーの金融アナリスト。日本の債券市場の分析を専門とし、特に日本国債の動向や日銀の金融政策分析に詳しい。
個人ブログ「牛さん熊さんブログ」では、市場の開始前と終了後の1日2回、その日の債券市場の予想と結果をわかりやすく解説するメルマガを配信。債券投資初心者が現在の債券市場を分析するのに役立つ。主な著書「日本国債先物入門」「債券と国債のしくみがわかる本」など多数。

このページのトップへ