Funds(ファンズ)の評判を分析。投資のプロの評価は?

MENU

クラウドポートが提供するFunds(ファンズ)が評判に。投資のプロの評価は?

Funds

みなさんはFunds(ファンズ)と呼ばれる投資プラットフォームをご存知でしょうか?

Funds(ファンズ)は、ソーシャルレンディングの情報事業者として圧倒的なシェアを誇るクラウドポートが提供する投資プラットフォームです。口座開設の受け付けは開始していたものの、実際のサービス開始は2019年1月23日からと、この記事を書いているわずか1週間前。

そのサービスインで募集した8,300万円分の貸付ファンドはどうなったと思いますか?

結果をお話しすること、この8,300万円がなんとわずか16分で完売!スモールビジネスローンとして注目を集めているLendyとの提携ローンに関しては、30秒で完売し、大きな評判を呼んでいます。

マネーピック編集部もFunds(ファンズ)の動向に注目していたのですが、想像以上の反響と、大きな評判を呼んでいることに驚いています。

そこで今月のマネーピックのニュースは、Funds(ファンズ)を徹底分析。実際に億を稼ぐトレーダーRaptor(ラプター)さんに、この評判のサービスをどう評価しているのか、聞いてみました。

以下はFunds(ファンズ)の詳細なデータです。

オンラインマーケット Funds(ファンズ)

ファンズ・画像

おすすめ度 4.5

  • スマホに完全対応。様々な貸付ファンドに1円単位で投資できる
  • ソーシャルレンディングメディアNo.1のクラウドポートが運営。投資でミドルリスク・ミドルリターンを目指す
予定利回り 1.5~6%
おもな投資対象 貸付ファンド
Funds(ファンズ)の手数料
  • 管理手数料:無料
  • 戻し手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 口座開設・口座維持手数料:無料
※Funds(ファンズ)はファンド組成企業からの業務委託料で運営。個人からの費用負担は0円

オンラインマーケット Funds(ファンズ)へ行く

Funds

Funds(ファンズ)の注目すべき点は、完全にスマホ対応しており、いつでもどこでも1円から投資できるという点でしょう。これは投資初心者にとって大きな魅力と言えます。

利回りに関しては1.5~6%となっており、一般的なソーシャルレンディングの投資案件と比較すると、高いとは言えません。ただこれはFunds(ファンズ)を運営するクラウドポートが、意図してこの水準の案件を集めていると考えられます。

ご存知の方もいらっしゃるように、ソーシャルレンディングの投資案件は、5~15%という非常に高い利回りを約束しているものがほとんど。金利が高いということは、それだけリスクも高いということ。結果としてそれらの投資案件が破綻し、返済不能となったことから、多くの被害者が出ました。

Funds(ファンズ)は、ソーシャルレンディングと比較すると、金利が低下するものの、投資対象のリスクを抑え、より信頼できる貸付先を選ぶことで、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品を提供しています。

事実2019年1月時点で取り扱う案件は、オンライン融資サービスの中でもトップクラスの人気と実績を誇るLENDY、東証二部に上場し、XEBECシリーズの開発を手掛けるデュアルタップ、東証一部に上場するノンバンク大手アイフルと、知名度が高く、破綻リスクが低い企業に限られます

Funds

金利こそ低下するもののFunds(ファンズ)は、ソーシャルレンディングと比較すると、より手堅い商品と言えるでしょう

最後にソーシャルレンディングへの投資で2年間に1,000万円以上の利益を稼ぎ、株・FX等、様々な投資に精通するプロ投資家Raptorさんに、funds(ファンズ)が評判を呼んでいる理由と、率直な評価を聞いてみました

あわせて読みたい

fundsが評判を呼んでいる理由とは?投資のプロRaptor(ラプター)さんの評価

Raptorさん

Investor Raptorさんプロフィール
株式投資はもちろん、債券、FX、不動産、ソーシャルレンディング投資でも成功を収めているプロ投資家。 20年を超える投資経験の中で、トータルで負けた年は1年のみ、これまでに稼いだ投資収益は数億円、保有資産20億に達する敏腕トレーダー。

RaptorさんによるFunds(ファンズ)の評価

Funds(ファンズ)にはサービスがローンチする前から注目していて、いつか人気が出るだろうなぁとは思っていましたが、ここまで短期間で評判を呼ぶとは思っていませんでした

実際の仕組みを見ると、かなりリスクがヘッジされており、投資のプロならこれは投資先として考えるべきだなと思うような商品なのですが、一般的なソーシャルレンディングの投資商品と比べると一段階金利が低いので、人気が出るまで時間がかかるだろうなぁと考えていたのですが、予想を完全に裏切られましたね

率直に言って、最近のソーシャルレンディングは投資リスクが高すぎて私も全然買っていません。ソーシャルレンディングの場合、原則として投資先が匿名で、トラブルが起こっても投資家が行動できないという点が問題です。Funds(ファンズ)は投資先が明確という点でも評価できます。万一トラブルが起こった場合、投資家側がアクション出来るかどうかは実は結構重要な要素だと思います。

ちなみに私は今から投資するなら、ソーシャルレンディング投資ではなく、Funds(ファンズ)を選びます。実は先日、Funds(ファンズ)に口座開設しておきました。

前回は16分で完売したということなので、今度はもっと短期間で売り切れてしまう可能性があると思います。しばらくは投資できればラッキーという状況が続きそうですが、何とか投資して、Funds(ファンズ)を投資ポートフォリオの一つに加えたいと思います。

これはどんな投資でも同様ですが、新しい投資は先に始めた人のほうが圧倒的に有利です。ビットコインなんかは典型的な例ですよね。

Funds(ファンズ)も同様のサービスが乱立し、人気が急上昇すると需給の関係から、金利が下がっていくかもしれません。

興味がある方は、今が一番チャンスだと思います。是非しっかり考えて投資し、今のうちに利益を出しておきましょう。

このページのトップへ