ロボアドバイザー最大手ウェルスナビが「WealthNavi for SBI証券」 の最低投資金額引き下げを発表

MENU

ロボアドバイザー最大手ウェルスナビが「WealthNavi for SBI証券」 の最低投資金額引き下げを発表

ウェルスナビ最低投資金額引き下げ

2018年9月28日、ロボアドバイザー最大手のウェルスナビが、「WealthNavi for SBI証券」の最低投資金額を、30万円から10万円に引き下げることを発表しました

ウェルスナビは公式サイトで提供する「WealthNavi」、SBI証券の口座開設者向けに提供している「WealthNavi for SBI証券」、住信SBIネット銀行の口座開設者向けに提供している「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」など、8種類のサービスを提供。

今回「WealthNavi for SBI証券」の最低投資金額が引き下げられたことから、2018年10月現在、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」「WealthNavi for ANA」のみ、最低投資金額が30万円となっています。

WealthNaviの最低投資金額 ※一部サービスを抜粋

  最低投資金額
WealthNavi 10万円
WealthNavi for SBI証券 10万円
WealthNavi for 横浜銀行 10万円
WealthNavi for 住信SBIネット銀行 30万円
WealthNavi for ANA 30万円

「WealthNavi for SBI証券」の最低投資金額が下がったことで、SBI証券に口座開設しているユーザーが、ウェルスナビを利用するハードルは大きく下がりました。 SBI証券のユーザーで、ロボアドバイザーで資産運用に挑戦してみたいが、最低投資金額の30万円は高すぎると考えていた方は、ウェルスナビの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

人気のロボアドバイザー、ウェルスナビとは?

ウェルスナビは、数あるロボアドバイザーの中でもトップクラスの人気を誇るサービスです。 2018年8月時点での預かり資産は1,000億円を突破しており、運用者は約8万人と、数あるロボアドバイザーの中で預かり資産、運用者数共にNo.1の地位にあります。

ウェルスナビ

ウェルスナビの特徴は、他のロボアドバイザーと比較しても、充実した運用サポートを提供している点。例えば、税最適化サービスの「DeTAX」では、 分配金の受け取りやリバランスにより生じる税負担を、一部または全額翌年に繰り越せるよう、AIが自動で含み損を処理。節税を考慮した上で資産運用に取り組むことができます。また、指定口座から毎月一定額を引き落とし、定期的に投資する「自動積立サービス」も提供しており、感情に左右されない投資が可能。自動積立は1万円から対応し、毎回入金する手間なく、より効率的にロボアドバイザーを利用できるのは嬉しい点と言えるでしょう。 その他にも、ポートフォリオの自動構築、分配金再投資など充実したサービスも提供。数あるロボアドバイザーの中でも、トップクラスのサポートとサービスを実現しています。

ちなみに2018年10月現在、新規ユーザーを対象に、1ヵ月分の手数料がキャッシュバックされるキャンペーンも実施しています(※2018年10月31日まで)。

興味がある方はこの機会に、ロボアドバイザーの利用を検討してみてはいかがでしょう?

ウェルスナビ(WealthNavi)へ行く

このページのトップへ