インデックスファンドの意味とは?投資用語をわかりやすく解説します

MENU

インデックスファンドの意味とは? - 今さら聞けない!投資用語

インデックスファンド(いんでっくすふぁんど)

インデックスファンドとは、TOPIXや日経平均株価といった指数(インデックス)に連動した投資効果を目指して運用される投資信託を意味する。このインデックスファンドに対し、プロのファンドマネージャーが個別銘柄を選択し、運用を行う投資信託を「アクティブファンド」という。

インデックスファンドは、多数の銘柄で構成された指数に対して投資を行うため、個別銘柄への投資と比較すると、リスクを抑えて投資することができる。また、信託報酬が非常に低く設定されており、運用コストを低く抑えられるという点も大きなメリット。 さらに、インデックスファンドはTOPIXや日経平均株価などの指数に連動しているため、値動きを把握しやすく、初心者におすすめの投資信託と言うことができる。

インデックスファンドの購入におすすめの証券会社

SBI証券 投資信託の取扱い数はネット証券会社のなかでもトップレベル。購入手数料無料のインデックスファンドを多数取り扱っている。
楽天証券 購入手数料無料のインデックスファンドを多数取り扱う。投資信託の残高に応じて楽天スーパーポイントが貯まる「ハッピープログラム」や、投資信託の残高や取引によって手数料が安くなる「超割コース」などのうれしい制度も。

関連ページ

投資用語集 一覧

このページのトップへ