ニーズウェル(3992)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

ニーズウェル(3992)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 ニーズウェル JASDAQスタンダード:3992

上場日 2017年9月20日
初値予想 3,300円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

ニーズウェル(3992)は、金融を中心とした業務用システム開発等を手掛ける企業です。社員数は500名以上とiPO銘柄の中では大規模と言えるでしょう。
直近の売上・利益の動向をみると、堅調な推移を見せています。利益率は低いですが、黒字化も達成しており安定的に利益を出している点も評価できます。
マーケットが荒れると業績に負の影響が出ることからiPOの初値も抑えられそうですが、市場が安定していれば初値が割安なことからも人気が出そうです。
主幹事証券はみずほ証券、幹事証券はSBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、エース証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、みずほ証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券、完全抽選のマネックス証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 4.0
需要 4.5
割安度 4.0
吸収金額 4.0
おすすめ証券会社
SBI証券マネックス証券

企業概要

事業内容 コンピュータシステムに関する金融を中心とした業務系ソフトウェアや組込み系ソフトウェアの企画・設計・開発及び保守・運用、ネットワークやサーバの基盤構築、ソリューションの提供、等の情報サービス事業並びにこれらの付帯事業
所在地 東京都新宿区富久町13番15号
設立 1986年10月1日
従業員数 535人
代表 代表取締役社長 船津 浩三

証券会社リスト

証券会社 割当て
みずほ証券 304,500株
SBI証券 7,000株
マネックス証券 3,500株
証券会社 割当て
SMBC日興証券 14,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 14,000株
エース証券 7,000株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 8/30-9/5
当選日 9/6
購入期間 9/7-9/12
価格
想定価格 1,590円
仮条件 1,590-1,670円
公募価格 1,670円
想定価格のPER 12.06倍
初値予想 3,300円
株数
公募株数 200,000株
当選株数 402,500株
企業規模
吸収金額 6.39億円
時価総額 30.9億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

業績(単独)

単位:1千円

決算年月 2014年9月 2015年9月 2016年9月
売上高 3,022,555 3,986,311 4,586,752
経常利益 188,034 350,507 405,373
当期利益 117,573 211,317 256,999
純資産額 383,197 580,522 820,032
総資産額 1,305,472 1,594,038 1,661,965

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ