テックポイント・インク(6697)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

テックポイント・インク(6697)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 テックポイント・インク 東証マザーズ:6697

上場日 2017年9月29日
初値予想 590円

総評

マネーピック編集部

総合評価
2.5

テックポイント・インク(6697)は、監視カメラ、車載カメラ向けの半導体の開発・製造・販売を手掛けているアメリカの企業です。ホームページも英語のみとなっており、評価が極めて難しくなっています。
決算書を見る限り、売上・利益ともに伸びていますが、現在急成長している監視カメラ、車載カメラ市場から考えると成長性が十分とは言えないと考えます。
時価総額30億弱、吸収金額11億弱と小型の部類に入りますが、日本市場で上場するにあたり、十分な情報開示の上での上場ではない点が気になるところです。
リスクの面が目立ち、投資を推奨するのは難しいと判断。初値が割れる可能性も考慮しておきたいところです。初値予想は590円程度。5~10%値下がりするリスクもあると予想します。
主幹事証券はみずほ証券、幹事証券はSBI証券、大和証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、みずほ証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 3.0
需要 2.5
割安度 4.0
吸収金額 4.0
おすすめ証券会社
SBI証券みずほ証券

企業概要

事業内容 監視カメラ、車載カメラ向け半導体の開発・製造・販売
所在地 アメリカ合衆国、95131カリフォルニア州、サンノゼ市、ノースファーストストリート2550、スイート
設立 2012年4月11日
従業員数 54人
代表 最高経営責任者兼取締役社長 小里 文宏

証券会社リスト

証券会社 割当て
みずほ証券 1,368,000株
SBI証券 76,000株
証券会社 割当て
大和証券 76,000株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 9/12-9/15
当選日 9/19
購入期間 9/20-9/25
価格
想定価格 650円
仮条件 620-650円
公募価格 650円
想定価格のPER 27.84倍
初値予想 590円
株数
公募株数 1,520,000口
当選株数 1,748,000口
企業規模
吸収金額 11.3億円
時価総額 28.8億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ