GA technologies(3491)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

GA technologies(3491)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 GA technologies 東証マザーズ:3491

上場日 2018年7月25日
初値予想 4,600円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

GA technologies(ジーエー テクノロジーズ)は、中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営を手掛けるIT関連企業。
業績は2期前に赤字を出しているが、前期は黒字、今期も黒字を予定。また近年の不動産市況の高騰で、中古不動産に注目が集まっている状況での上場という点は、追い風と言えるでしょう。
株主に、元ソニーコンピューターエンタテイメントの社長「久夛良木健」氏が名を連ねている点にも注目したい。ベンチャーキャピタルの保有割合が3割弱で、市場での吸収額も13億弱と小型とまでは言えないが、初値が公募を割る可能性は極めて低いでしょう。
主幹事はSBI証券、幹事証券にはSMBC日興証券岡三証券大和証券など抽選枠を設けている証券会社が揃っているので、全力で申し込みたい案件
投資評価は4、株数が多いことを考慮し、初値は4,600円を予想を予想します。

話題性 3.5
需要 4.0
割安度 4.0
吸収金額 4.0

企業概要

事業内容 中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営、プラットフォームを通じた中古不動産の売買仲介及びリノベーションの企画・設計・施工
所在地 東京都渋谷区広尾一丁目1番39号恵比寿プライムスクエア8階
設立 2013年3月12日
従業員数 195名
代表 代表取締役社長 樋口 龍

証券会社リスト

証券会社 割当て
SBI証券 – 株
SMBC日興証券 – 株
大和証券 – 株
みずほ証券 – 株
証券会社 割当て
岡三証券 – 株
東海東京証券 – 株
岩井コスモ証券 – 株
藍澤證券 – 株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 7/6-7/12
当選日 7/13
購入期間 7/18-7/23
価格
想定価格 2,130円
仮条件 -
公募価格 -
想定価格のPER 34.99倍
初値予想 4,600円
株数
公募株数 600,000株
当選株数 600,000株
企業規模
吸収金額 12.7億円
時価総額 90.5億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

GA technologiesの初値予想

  • 2倍以上(50%)
  • 1.5倍~2倍(50%)
  • 1.2倍~1.5倍(0%)
  • 1倍~1.2倍(0%)
  • 公募価格割れ(0%)

2票

Comments(2)

1.5倍~2倍さん
安く寄れば↑?
2倍以上なかしんさん
上場規模は中規模ですが、25日の単独上場、売出しとOA無し、近年の業績右肩上がりを踏まえると軽く2倍は超えてくると思います。

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ