システムサポート(4396)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

システムサポート(4396)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 株式会社システムサポート 東証マザーズ:4396

上場日 2018年8月2日
初値予想 3,000円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

その名前の通り、IT関連の様々なサービスを手掛けるIT企業です。業務内容を見ると、ITシステム開発、データベース(Oracle)やクラウド(AWS/Azure)の移行・基盤構築、ERP(SAP)の導入・運用保守、データセンター運営、自社パッケージソフトの開発・販売と、かなり手広く手掛けている印象。

2015年に大きな赤字を計上していますが、それ以外は常に黒字を計上しており、直近は売上・利益ともに好調です。IT企業にしては利益率が低く、成長率が低いのは気になるものの、今後も安定した業績が期待できそうです。IPOによる吸収金額12億は中規模と言えますが、時価総額は40億程度と売上・利益・総資産を考慮すれば明らかに割安。
VCは入っていませんが株価1.5倍で多くの個人株主のロックアップが外れるので、1.5倍をクリアし、どの程度の売り物が出てくるかがポイント。ただ2倍弱の3,000円程度は期待しても良いでしょう。公募割れは考えにくいので、主幹事の大和証券はもちろん、SBI証券のチャレンジポイントを使用し、応募する価値はあります。評価は4.0、初値はキリよく3,000円を予想。

話題性 3.5
需要 4.0
割安度 4.5
吸収金額 4.0

企業概要

事業内容 ITシステム開発、データベース(Oracle)やクラウド(AWS/Azure)の移行・基盤構築、ERP(SAP)の導入・運用保守、データセンター運営、自社パッケージソフトの開発・販売
所在地 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ9F
設立 1980年1月29日
従業員数 882人
代表 代表取締役社長 小清水 良次

証券会社リスト

証券会社 割当て
大和証券 715,000株
SBI証券 6,500株
証券会社 割当て
野村証券 19,500株
今村証券 6,500株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 7/18-7/24
当選日 7/25
購入期間 7/26-7/31
価格
想定価格 1,650円
仮条件 1,650円 - 1,750円
公募価格 -
想定価格のPER 18.65倍
初値予想 3,000円
株数
公募株数 540,000株
当選株数 747,500株
企業規模
吸収金額 12.3億円
時価総額 39.9億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ