ソフトバンクが個人向け社債を発行。販売は11月27日から

MENU

ソフトバンクが個人向け社債を発行 第48回社債は27日に販売開始

ソフトバンクが個人向け社債を発行

ソフトバンク社債

ソフトバンクグループ(9984)が、12月に第48回無担保社債(社債間限定同順位特約付)を発行すると発表しました。償還までの期間は7年、年率は2.13%(税引前)です。販売は、11月27日から各証券会社で開始されます。

ソフトバンク個人向け社債の概要

社債間限定同順位特約付とは、他の無担保社債に担保を自由に設定しない約束をし、他の無担保社債に担保を設定する場合には、該当の社債にも同等の担保を設定するという特約のこと。同一の発行体が発行した複数の無担保社債の間で、元利金や償還金の受け取りに有利・不利が生じないようにするための特約です。

今回のソフトバンクの社債は、2015年6月に発行した5年債(利率1.36%)よりも利率が高く、償還までの期間が7年と長い点が特徴です。 ソフトバンクは、大胆な経営で2014年には巨額の赤字を出しており、償還されないリスクが全くないとは言えませんが、今回の社債は、その分非常に高い利率を設定しており、購入する価値は十分にあると言えるでしょう。

ソフトバンク第48回無担保社債(社債間限定同順位特約付)の概要

年率(税引前) 仮条件:1.75%~2.35%
申し込み単位 100万円以上100万円単位
募集期間(予定) 2015年11月27日(金)~2015年12月9日(水)
払込期日 2015年12月10日(木)
利払い日 毎年6月10日、12月10日
償還日 2022年12月9日
発行額 3,700億円
格付 A-(JCR)取得予定

ソフトバンクの社債を購入するには

今回のソフトバンクの個人向け社債は、SBI証券、大和証券、みずほ証券、SMBC日興証券などが取り扱いを予定していますが、注目度の高い社債ですから、どの証券会社でも販売開始とほぼ同時に売り切れてしまうことが予想されます。社債は、発行が決定してから証券口座を開設しても間に合いません。今回は購入が難しいという方は、次回の社債の発行に備え、あらかじめ社債の取扱いが多い証券会社に口座を開設しておくと良いでしょう。

社債の購入におすすめの証券会社

SBI証券 個人向け社債の取扱いはネット証券会社でトップクラス。不定期で発行するSBI債にも注目です。
マネックス証券 個人向け社債の取扱いは多くないものの、非常に利率が高いマネックス債を不定期で発行しています。

このページのトップへ