ビーブレイクシステムズ(3986)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

ビーブレイクシステムズ(3986)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 ビーブレイクシステムズ 東証マザーズ:3986

上場日 2017年6月15日
初値予想 4,200円

総評

マネーピック編集部

総合評価
5.0

ビーブレイクシステムズ(3986)は、BtoB向けクラウドERPパッケージの開発・販売とエンジニア派遣をビジネスの柱としたIT系の企業です。IPOラッシュから1か月半が経過後の久々のIPOになります。
業績を見ると、ここ数年売り上げを順調に伸ばしており、2期前の第14期から利益が急激に伸びていることを考えると、薄利のエンジニア派遣ではなく、ERPパッケージの販売が伸びていると考えられます。初値が固いBtoB向けのビジネスを展開しており、クラウド関連というテーマ性、また上場による知名度の向上でビジネスを大幅に伸ばす余地があること、低い公募価格を考えると、初値は大きく買われる可能性が高いでしょう。
マネーピック編集部としても高評価のIPOで、3倍、4倍に高騰する可能性も。SBI証券に口座を持っている方は、IPOチャレンジポイントを全力投入する価値がある注目のIPOです。

話題性 5.0
需要 5.0
割安度 5.0
吸収金額 5.0
おすすめ証券会社
SBI証券SMBC日興証券

企業概要

事業内容 主にクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業
所在地 東京都品川区西五反田二丁目19番3号
設立 2002年7月17日
従業員数 126人
代表 代表取締役 白岩次郎

証券会社リスト

証券会社 割当て
SBI証券 265,200株
SMBC日興証券 15,600株
みずほ証券 9,400株
証券会社 割当て
岡三証券 9,400株
極東証券 6,200株
岩井コスモ証券 6,200株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券や大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 5/29-6/2
当選日 6/5
購入期間 6/7-6/12
価格
想定価格 1,380円
仮条件 1,550-1,670円
公募価格 1,670円
想定価格のPER 23.16倍
初値予想 4,200円
株数
公募株数 250,000株
当選株数 343,200株
企業規模
吸収金額 4.73億円
時価総額 18.6億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

業績(単独)

単位:1千円

決算年月 2014年6月 2015年6月 2016年6月
売上高 879,371 882,053 1,025,008
経常利益 34,953 24,599 103,198
当期利益 28,247 17,657 80,550
純資産額 315,292 329,919 407,714
総資産額 476,975 523,890 633,361

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ