西本Wismettacホールディングス(9260)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

西本Wismettacホールディングス(9260)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 西本Wismettacホールディングス 東証:9260

上場日 2017年9月29日
初値予想 4,600円

総評

マネーピック編集部

総合評価
2.0

西本Wismettacホールディングス(9260)は、1947年創業の食品卸の老舗企業です。日本食の輸出、海外の食品の輸入を手掛けており、社員数、売上高、利益ともに東証一部クラス。ただ直近の決算を見る限り、成長性があるとは言えず、時価総額750億、市場吸収金額220億となると初値上昇を描くのは難しいと考えます。
野村主幹事案件という事もあり、大幅下落は考えにくくはありますが、10~15%程度下落の考慮をすべきです。マネーピックでは投資を見送るのが賢明と判断します。
主幹事証券は野村證券、幹事証券はSBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、極東証券、エース証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、野村證券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 3.0
需要 2.0
割安度 2.0
吸収金額 2.0
おすすめ証券会社
SBI証券野村証券

企業概要

事業内容 海外における日本食、アジア食品・食材の輸入及び卸売、日本における青果物全般等の輸入卸売販売
所在地 兵庫県神戸市中央区磯辺通四丁目1番38号
設立 1947年9月30日
従業員数 1611人
代表 代表取締役社長 金井孝行

証券会社リスト

証券会社 割当て
野村証券 3,182,000株
SBI証券 37,000株
SMBC日興証券 148,000株
みずほ証券 74,000株
証券会社 割当て
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 185,000株
極東証券 37,000株
エース証券 37,000株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 9/12-9/19
当選日 9/20
購入期間 9/21-9/26
価格
想定価格 5,250円
仮条件 4,500-5,250円
公募価格 4,750円
想定価格のPER 26.45倍
初値予想 4,600円
株数
公募株数 1,850,000株
当選株数 4,255,000株
企業規模
吸収金額 223億円
時価総額 753億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ