Mマート(4380)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

Mマート(4380)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 Mマート 東証マザーズ:4380

上場日 2018年2月23日
初値予想 3,500円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.5

Mマート(4380)は、MマートはBtoBに特化したインターネット上のマーケットプレイス事業を手掛けるネット関連企業です。
ポイントは業務用食材卸に特化している点でしょう。実際にサービスを利用している企業の数は約10万社と、食材関連のBtoBサイトの中では、圧倒的No.1の地位を築いている点も評価できます。ホームページに関しては実務的でやや古い印象を受けますが、今回の上場を機に改善を行うとのことです。
業績は売上に関しては右肩上がりですが、利益に関してはかなり変動しており、安定的とは言えません。ただ2017年1月期は上場前ということで、しっかり利益を出してきています。また市場での吸収金額が8億強と小さく、競合参入の可能性が低いこと、またまだまだ成長の余地があることを考えると、初値は大幅高を期待できそうです。
初値は3倍強、時価総額100億円をわずかに下回る3,500円前後を予想。2018年で最初に大きく値上がりするIPOになりそうです。
主幹事はみずほ証券ですが、SBI証券マネックス証券、大和証券、SMBC日興証券、岡三証券が幹事団として参加しています。できるだけ多くの証券会社から抽選申込をすることが、IPO当選のコツです。2018年もIPO投資を上手く活用し、資産を増やしましょう!

話題性 4.5
需要 4.5
割安度 4.5
吸収金額 4.5
おすすめ証券会社
SBI証券マネックス証券

企業概要

事業内容 BtoBに特化したインターネットマーケットプレイス事業
所在地 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号
設立 2000年2月25日
従業員数 32人
代表 代表取締役 村橋 孝嶺

証券会社リスト

証券会社 割当て
みずほ証券 818,800株
SBI証券 17,600株
マネックス証券 17,600株
証券会社 割当て
SMBC日興証券 17,600株
大和証券 17,600株
岡三証券 17,600株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 2/6-2/13
当選日 2/14
購入期間 2/15-2/20
価格
想定価格 1,190円
仮条件 1,140-1,240円
公募価格 1,240円
想定価格のPER 91.76倍
初値予想 3,500円
株数
公募株数 453,400株
当選株数 675,500株
企業規模
吸収金額 8.38億円
時価総額 29.1億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ