利上げが株価に与える影響をわかりやすく解説。 

MENU

利上げが株価に与える影響とは?

利上げとは?

利上げ

ニュースでよく耳にするアメリカの利上げ。しかし、利上げが実際に株価にどのような影響を与えるのか、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。今回のニュースでは、利上げの意味とその影響をわかりやすく解説します。

利上げとは、経済政策の1つで、国の景気が過熱するのを防ぐために、国の中央銀行が行う金利の引き上げのこと。中央銀行が金利を引き上げると、銀行金利やローンの金利なども上昇し、企業や個人がお金を借りにくくなるため、世の中に流通するお金が少なくなります。その結果、景気が過熱し、物価が過度に高騰することなどを防ぐことができるのです。

アメリカは、リーマンショック以降、大幅な金利の引き下げを行い、景気の回復を図ってきました。今回の利上げは、下げすぎた金利を正常に戻し、金融市場を正常化することを目的としています。

利上げが株価に与える影響

利上げが行われ、銀行金利が引き上げられると、企業が資金調達した銀行への返済しなければならない額が大きくなり、業績が伸び悩む企業が増えます。また、アメリカの金利が上昇すると、ドルを保有したいと考える人が増え、ドルの価値が上がってドル高に。アメリカの通貨の価値が上がり、他国の通貨の価値が下がると、輸出企業の利益は下がります。

この2つの要因で、アメリカの利上げは、アメリカ市場の株安を引き起こすと言えるのです

利上げが日本の株価に与える影響

それでは、利上げは、日本株に一体どういった影響を与えるのでしょうか。
アメリカの利上げによって円安ドル高が進むと、外国人投資家から見た日本企業の株価が相対的に安くなるため、日本株を買う動きが強まります。 外国人投資家の売買代金は、日本市場の6割を占めていると言われており、外国人投資家が日本株を買う動きが強まると、日本企業の株価は上昇。このように、アメリカの利上げは、日本に株高をもたらす可能性があると言えます

日本の株価は、アメリカの株価と連動しやすいとも言われており、一概には言えませんが、アメリカの利上げが日本の市場に与える影響は小さくないということは確かです。日本企業のなかでも、輸出企業はドル高によるメリットが大きく、利上げによる負の影響を受けにくい傾向があります。利上げのリスクを少しでも軽減するために、輸出企業をポートフォリオに組み込んでみてはいかがでしょう。

お得なキャンペーンを行っているネット証券会社

SBI証券

SBI証券・画像

友人・家族の紹介で最大10,000円キャッシュバック!

楽天証券

楽天証券・画像

キャンペーンにエントリーして現物取引デビューした全員で200万ポイントを山分け!

マネックス証券

マネックス証券・画像

新規口座開設でAmazonギフト券を最大10,600円相当プレゼント!

このページのトップへ