今注目のVR(仮想現実)関連銘柄をチェック!関連市場を見つけよう!

MENU

VR元年がやってくる!?VR(仮想現実)関連銘柄をチェック!

ソニーも進出!VR(仮想現実)市場とは?

ソニーも進出!VR(仮想現実)市場とは?

空を飛んだり、モンスターを倒したり、ゲームの世界に入って楽しみたいと思ったことはありませんか? VR(Virtual Realty・仮想現実)はそんな望みを叶える新しい技術。視界を覆う専用のゴーグルを装着することで、架空の世界に飛び込むことができるのです。
ゴーグルの内側には特殊なディスプレイがあり、装着すると視界一杯に映像が出現します。映像は顔や視線の動きと連動しており、視線が右を向けば映像も右向きに変化。まるで映像の中に入り込んだような錯覚が生まれます。
VRの技術は主にゲームにおける活用が進んでおり、ソニーやサムスンなど名だたる企業がVR用のゲーム機を開発。例えば、2016年10月に発売されるソニーの「PlayStationVR」は日本のVR市場の牽引役となることが期待されています。

2016年は開発中の技術に過ぎなかったVRが商品化される年。現段階ではゲームでの活用が中心ですが、2016年の「VR元年」を発端に、今後は様々な分野でVRの活用が広がると見られています。まさに現在進行形で成長を遂げている市場であり、関連銘柄にも注目が集まります

VR事業を展開する関連銘柄4選

ソニー(6758) ゲーム機「プレイステーションVR」を2016年10月に発売予定。日本のVR市場を牽引する存在になることが期待されている。
ピクセラ(6731) VRコンテンツの撮影から配信・再生までを一手に引き受けるVR事業をスタート。VRを疑似体験できるスマホアプリも無料配信している。
テクノホライゾン(6629) 仏VideoStich社と提携し360度撮影が可能なカメラの開発・販売を実施。直接VRに言及はしていないが、全方位動画はVRに必要不可欠なため、VR関連銘柄とみなされている。
コロプラ(3668) VR関連企業を専門とする投資ファンド「Colopl VR Fund」を設立。最大5,000万ドル(約55億円)を出資する可能性があるとのこと。VR市場の活性化によって値上がりが予想される。

今後のVR市場の展望は?

ゲーム以外のVR関連市場として予想されているのは教育や医療分野でのシミュレーションツールとしての使い方。例えばパイロットの飛行機操縦訓練や、医学生の外科手術シミュレーションなど、現実に即した練習が重要な分野で活躍することが期待されます。
また、VRはライブや映画など会場へ足を運ぶ必要があったエンターテイメントを自宅で楽しむことができるというメリットもあり、VRに対応した動画配信サービスが今後登場する可能性も。

様々な分野での応用が可能なVRというジャンル。今後新たに生まれる市場を予測してみてはいかがでしょうか。

VR(仮想現実)関連銘柄の購入におすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券・画像

キャンペーン 友人・家族の紹介で最大10,000円キャッシュバック!

SBI証券へ行く

楽天証券

楽天証券・画像

キャンペーン キャンペーンにエントリーして現物取引デビューした全員で200万ポイントを山分け!

楽天証券へ行く

このページのトップへ