お金を貯めるための簡単な3つのコツとは?

MENU

お金を貯めるコツ! すぐに始められる3つの方法とは?

「そんなにお金を使っているつもりはないのに、気がついたらなくなっている」「収入が少ないためお金を貯める余裕がない」・・・など、お金を貯めようと心に決めても、実際にはなかなかお金が貯まらず、お困りの方は少なくありません。

そこで今回の特集では、お金を貯めるための簡単なコツをご紹介。頑張っているつもりなのにお金が貯まらないという方のお悩みを解消していきます。

お金を貯めるコツ その お金を貯める目的と目標額を決める

お金が貯まらない方のお話を伺うと、多くの方が漠然と貯金に取り組んでおり、その目的や目標が明確ではないケースが目立ちます。

漠然とお金を貯めようと思っても、なかなかうまくいかないもの。お金を着実に貯めるためには、まず、お金を「何のために」「どれくらい」貯めたいのか決めましょう。具体的な目標を設定することで、毎月貯めたい金額を把握できることに加え、お金を貯めるモチベーションを保つことにもつながります

目標

最初は、旅行や引越しのための費用など、達成しやすい目標を設定してみるのがおすすめです。最初の目標を達成し、貯金することに慣れてきたら、将来のライフプランを見据えた長期的な目標に挑戦してみるのも良いでしょう。

一方で、目標が高すぎるあまり、お金を貯めること自体が辛くなってしまっては、本末転倒。目標の金額が大きい場合は、途中で息切れしないように、休憩しながらお金を貯めていくことが大切です。
例えば、200万円貯めようと決めた場合は、25万円ずつ貯めていき、25万円貯まるたびに、5万円思い切り使うというように、インターバルを設けることで、お金を貯めるモチベーションを保つことができます。

お金を貯めるコツ その 毎月の収入と支出を整理する

目標設定したお金を貯めるためには、どの位の収入があり、何にどれだけお金を使っているのかを把握する必要があります。無駄な支出を抑え、しっかりお金を貯めるため、まずは毎月の収入と支出を把握し、今の家計で削れるものは何なのかを考えていきましょう

家計簿をつけよう

収入と支出の整理をするために、最も有効な方法が家計簿です。家計簿の記入は簡単で構いません。住居費、光熱費などの固定費や、携帯電話の使用料金、食費などの項目ごとに、毎月だいたいどれくらいかかっているか、大まかに把握することが大切です。
最近では、無料の家計簿アプリやフリーソフトも多数登場しています。アプリやフリーソフトを利用すれば手軽に家計簿をつけることができるため、おすすめです。

マネーフォワード

マネーフォワード

スマートフォン、パソコンで利用できる無料の家計簿アプリ。銀行やクレジットカード、証券会社などの利用履歴・残高を自動で取得してくれるので、入出金の管理を簡単に行うことができます。また、銀行振り込みやクレジットカードの支払いなどは、光熱費や通信料などに自動で分類されるため、月々の家計簿の作成も楽ちん。レシートの読み取り機能も便利です。

月々のお金の流れを把握した後は、無駄な出費がかさんでいないかチェックしましょう。支出を見直す際に、特に注目したい項目は以下の3つです。

1.携帯電話の使用料金

携帯電話の使用料金が1人あたり1万円近くかかってしまっているという人は、まず携帯電話の使用料金の見直しが必要です。料金プランが自分の使用状況に合ったものか確認する、通話にはスカイプやラインなどの無料通話アプリを使うなどの工夫で料金を低く抑えることができます。また、格安スマホに乗り換えるのもおすすめ。格安スマホであれば、月々の使用量を大手携帯電話会社の半分程度に抑えることも可能です

DMMモバイル

DMMモバイル・画像

通話SIMプランを月々1,140円+端末代金から利用可能。長時間の通話をあまりしないという方は乗り換えを検討してみては。

2.食費

食費も、節約できるポイントがたくさんあります。コンビニでよく飲み物やお菓子を買ってしまうという方は、ペットボトル飲料の購入を控えて水筒を持ち歩く、お菓子などはドラッグストアやスーパーで安くなったものを買う等々、少しの工夫で出費を抑えることが可能です。また、なるべく昼食の購入を控え、お弁当を作って持参するのも、支出を抑えるのに効果的です。

3.交際費

月々の出費で意外にかさんでしまうのが交際費です。例えば、1ヶ月に1回、飲み会に行く回数を減らすだけで、年間で4~6万円も節約できます。飲み会や食事会が、本当に出席したいものか考え、優先度の低いものは思い切って断ってしまうのも手です。

お金を貯めるコツ その 自動積立定期預金を利用する

お金があるとついつい使ってしまうという方におすすめしたいのが、自動積立定期預金です。

自動積立定期預金を利用すれば、毎月決まった日に決まった金額を、普通預金から定期預金に積み立てることができます。
自動積立定期預金は、毎月自動的に貯金できる機能に加え、普通預金よりも高い金利を受けることができるというメリットを持っています。自動積立定期預金は、普通預金にお金を入れておくとついつい使ってしまうという方に、特におすすめしたい貯金方法と言えるでしょう
一部のネット銀行では、月々1,000円程度から自由に積み立てる金額を設定することができます。

自動積立定期預金のメリット
毎月決まった金額を自動的に定期預金に積み立てることができる
普通預金よりも高い金利を受けることも可能

自動積立定期預金の利用は、高い金利を提供しているネット銀行がおすすめです。ネット銀行であれば、口座開設や、自動積立定期預金の申し込みを簡単に行うことができます。

自動積立定期預金ができるおすすめの銀行

ソニー銀行

ソニー銀行・画像

預入単位 1,000円以上1,000円単位
預入れ期間 制限なし
おすすめポイント ボーナス時などに積立額を増額することが可能

ソニー銀行へ行く

楽天銀行

楽天銀行・画像

預入単位 1,000円以上1円単位
預入れ期間 3ヶ月
おすすめポイント ボーナス時などに積立額を増額することが可能

楽天銀行へ行く

イオン銀行

イオン銀行・画像

預入単位 5,000円以上1,000円単位
預入れ期間 制限なし
おすすめポイント 預金の残高に応じてWAONポイントゲット

イオン銀行へ行く

お金を貯める3つのコツはいかがでしたでしょうか。お金を貯めることは、実は難しいことではありません。少しの工夫で、格段にお金を貯めやすくなります。
お金を貯めることが苦手だという方でも、自分に合った、始めやすい方法から実践してみましょう。

このページのトップへ