20代の資産運用 おすすめの方法などをわかりやすく解説します

MENU

20代の資産運用 – 初めての資産運用を徹底ガイド!

資産運用を成功させる上で最も大切なポイントは、時間を味方につけるということ。つまり20代は、30代や40代で資産運用をスタートする人と比較すると、投資期間が長い分、成功する確率を上げることができるのです。また、20代で資産運用に慣れることができれば、30代、40代になった時、その経験が大きなアドバンテージとして活きてきます。

20代の資産運用では、大きく勝つことではなく、市場から退場せずに済むよう、負けない投資の方法を学ぶことが何より重要。また資産運用を通じて、経済や金融の仕組みを身につけることができれば、人生の中で、その知識が役に立つ場面が必ず訪れます

そこで今回は、20代の資産運用を徹底解説。本記事を参考に、時間を最大限味方につけることができる20代から、資産運用にコツコツ挑戦してみましょう!

目次
1.20代の資産運用 事前準備
2.20代におすすめの資産運用 – 投資信託
3.20代におすすめの資産運用 – FX
4.20代におすすめの資産運用 – IPO

20代の資産運用 – 事前準備

STEP1.資産運用に使える金額を考える

初めての資産運用にありがちな失敗が、いつのまにか持っている資金のほとんどを資産運用に投じてしまうケースです。資産運用に資金の大部分を使ってしまうと、リスクが高くなることはもちろん、精神的にも大きな負担になります。資産運用で大切なのは、心に余裕を持って運用できる金額で行うということ。資産運用はあくまで余裕資金で行う、この大原則を守ることが20代の資産運用のファーストステップです

STEP2.資産運用の目標を設定する

資産運用は、目標が定まることで、グッとモチベーションを高めることができます。ただし、20代は他の年代と比較すると、住宅購入や老後資金の形成といった資産運用の大きな目標を立て難いのも事実。そういう場合は、「○万円貯めて海外旅行に行く」「○万円貯めて以前から欲しかった○○を購入する!」といった身近な目標でOKです。大切なのは漠然と取り組むのではなく、目標をもつこと。身近な目標で構いませんので、目標を定め、資産運用に取り組んでみましょう。

STEP3.具体的な資産運用の手段を考える

最後に、自分に合った資産運用の方法を選びましょう。資産運用と一言で言っても株、IPO、投資信託、FX、不動産など、実は資産運用にも様々な種類があります。資産運用が初めてという20代の方は、少ない資金で気軽にスタートすることができる方法を選び、資産運用に徐々に慣れていくと良いでしょう

以下では、おすすめの資産運用の種類をご紹介します。それぞれの特徴から、あなたに合った資産運用を選んでみましょう。

20代の資産運用 その

投資信託

おすすめ度
必要資金 500円~
ポイント 積立購入なら月500円から始めることができる
運用コストが高いものが少なくない

投資信託は、資産運用を希望する個人の資金を集め、運用の専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券などへ、投資方針に基づき投資し、その利益を分配する資産運用の手法の1つです。毎月投資信託を一定金額購入する積立購入という仕組みを利用すれば、月500円程度から購入することができ、20代でも簡単にスタートすることができます
初心者の方には、日経平均株価をはじめとする指数(インデックス)に連動する投資信託がおすすめです。インデックスファンドと呼ばれる投資信託は、運用コストが低く、値動きがわかりやすいという特徴があります。

例えば、日経平均に連動するインデックスファンドの場合、毎月コツコツ投資していくことで、長い投資スパンで考えると取得単価を平均化することができ、相場の上昇局面で利益を上げることができる可能性が高くなります。このように、インデックスファンドは長期間運用することで、時間を味方につけることができる資産運用の手段であり、まさに20代にぴったりの資産運用と言えるでしょう

投資信託の購入におすすめの証券会社

フィデリティ証券

フィデリティ証券・画像

おすすめポイント
  • 口座開設から3ヶ月間すべての投資信託の販売手数料が無料
  • NISA口座の場合、投資信託の販売手数料がいつでも無料!
キャンペーン 家族・友人の紹介で全ての投資信託の購入時手数料が最大3か月無料!

フィデリティ証券へ行く

SBI証券

SBI証券・画像

おすすめポイント
  • 国内のネット証券会社でもトップクラスの投資信託取扱い数
  • 月500円から積立購入可能
キャンペーン 新規口座開設で最大100,000円プレゼント!

SBI証券へ行く

関連ページ

20代の資産運用 その

FX

おすすめ度
必要資金 10万円~
ポイント 低コスト&少額で始めることができる
「レバレッジ」には要注意

FXは、「Foreign Exchange(外国為替証拠金取引)」の略で、ドルやユーロなど海外の通貨を売買することで利益を得ることを目指す投資商品です。実は、FXは他の資産運用の方法と比較しても、最も手数料が低く、少額から手軽に始めることができる資産運用の1つ
例えば、米ドル100ドルを購入する場合、FXの取引コストはたったの0.3円~2円程度しかかかりません。これは、同じく外貨に投資する外貨預金のコストと比較すると、わずかに数分の1~数十分の1の水準です。またFXは、数万円の資金からスタートすることができます。

FXはその名前の通り、預けた資金を証拠金として、最大でその金額の25倍まで取引ができるようになっています。つまり5万円預けると最大125万円の投資ができるということになります。この仕組みをレバレッジと言います。
FXが初めてという方はこのレバレッジには注意が必要です。レバレッジは大きな利益を狙う時に役立つ一方で、大きな損失を出す可能性もあります。20代の資産運用の原則は負けないことのはず。つまりこのレバレッジはあまりかけないほうが良いのです。レバレッジをかけて取引する際も最大で5倍、基本的には2~3倍程度にしておきましょう。

おすすめのFX会社

DMM.com証券

DMM.com証券・画像

おすすめポイント
  • 取引コストの低さはFX会社でもトップクラス
  • 24時間、電話やメールに加え、LINEからの問い合わせも可能
キャンペーン 新規口座開設&所定の条件を満たすと最大10,000円プレゼント!

DMM.com証券へ行く

外為オンライン

外為オンライン・画像

おすすめポイント
  • シンプルな取引システム・モバイル対応で使いやすい取引ツール
  • 取引に役立つ情報ツールが豊富
キャンペーン 新規の口座開設&取引で最大5,000円プレゼント

外為オンラインへ行く

関連ページ

20代の資産運用 その

IPO

おすすめ度
必要資金 10万円~
ポイント 購入できれば高い確率で利益を出すことができる
人気のIPOほど抽選の倍率が高い

IPOとは、「Initial Public Offering」の略で、企業が証券市場に新たに株式を上場すること、またはその株式のことを指します。IPO株を入手し、上場のタイミングで売却することできれば、非常に高い確率で利益を出すことができます。IPOは、数少ないローリスクハイリターンの投資方法であり、資産運用が初めてという20代の方におすすめの資産運用の方法です

IPOを購入するためには、IPOを取り扱う主幹事証券会社または幹事証券会社から購入を申し込み、抽選に当選する必要があります。証券会社によって、IPOの取扱い数や抽選方法などに大きな違いがあるため、IPOに強い証券会社から申し込むことが何より重要です。

IPOに強いおすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券・画像

おすすめポイント
  • 2015年IPO取扱件数 81件
  • IPOチャレンジポイントで当選確率アップ!
キャンペーン 新規口座開設で最大100,000円プレゼント!

SBI証券へ行く

マネックス証券

マネックス証券・画像

おすすめポイント
  • 2015年IPO取扱件数 52件
  • 100%完全平等抽選
キャンペーン 「FX PLUS」で新規に口座を開設して一定の取引等の条件を満たすと最大50,000円をキャッシュバック!

マネックス証券へ行く

関連ページ

20代からの資産運用特集はいかがでしたでしょうか。資産運用をスタートするのに、早過ぎるということはありません。むしろ、時間軸を味方につけることができる20代のほうが、30代、40代から資産運用をスタートする人よりも有利な点が多々あります。本特集をご覧いただいている20代の方は、本特集を参考に、是非資産運用の第一歩を踏み出してみてください!
きっとその先にはこれまで見たことがない景色が拡がっているはずです。

このページのトップへ