マネーフォワード(3994)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

マネーフォワード(3994)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 マネーフォワード 東証マザーズ:3994

上場日 2017年9月29日
初値予想 1,550円

総評

マネーピック編集部

総合評価
3.0

マネーフォワード(3994)は、自動家計簿・資産管理サービスの最大手企業です。知名度は充分にあり、IPOの注目度も高いと言えます。売上、利益ともに右肩上がりですが、大幅な赤字が続いており、将来性を見越した投資になることから、判断が難しくなります。 また公募価格での時価総額も250億円前後と、決して割安とは言えないことから、注目度は高いものの、初値暴騰は難しいでしょう。非常に注目度は高い銘柄ですが、期待値から買われても1,550円前後の初値と予想します。 但し将来的に会計の自動化は大きな成長が見込めることから、初値が安く始まる場合、セカンダリー投資も面白みがあると評価します。
主幹事証券はマネックス証券、SMBC日興証券、幹事証券はSBI証券、みずほ証券、東海東京証券、静銀ティーエム証券、いちよし証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、SBI証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 4.0
需要 3.0
割安度 2.5
吸収金額 3.0
おすすめ証券会社
マネックス証券SMBC日興証券

企業概要

事業内容 自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』の提供を行うPFM事業、法人・個人事業主向けのクラウド型サービス『MFクラウド会計・確定申告・請求書・給与・消込・マイナンバー』といった6つのバックオフィス向けMFクラウド事業等
所在地 東京都港区芝五丁目33番1号森永プラザビル本館17階
設立 2012年5月18日
従業員数 212人
代表 代表取締役社長CEO 辻 庸介

証券会社リスト

証券会社 割当て
マネックス証券 461,000株
SMBC日興証券 1,877,700株
SBI証券 137,500株
みずほ証券 24,200株
証券会社 割当て
東海東京証券 24,200株
静銀ティーエム証券 16,100株
いちよし証券 8,000株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 9/13-9/20
当選日 9/21
購入期間 9/22-9/27
価格
想定価格 1,330円
仮条件 1,350-1,550円
公募価格 1,550円
想定価格のPER
初値予想 1,550円
株数
公募株数 1,617,700株
当選株数 2,931,000株
企業規模
吸収金額 38.9億円
時価総額 243億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ