不動産一括査定サイトの一覧

MENU

不動産一括査定サイト一覧 全9社(2019年6月最新版)

不動産一括査定サイトとは、マンションや一戸建ての見積もり(査定)を、様々な不動産会社へ一括で依頼できるサービスの総称です。不動産一括査定を利用すると、何度も同じ項目を入力することなく、不動産会社の見積もりを取得し、査定結果を比較することが可能。自宅マンションや一戸建てをできるだけ高値で売却したい場合、大きな力になってくれます。また、不動産一括査定サイトは、インターネット経由で24時間いつでも利用することができ、不動産会社の営業時間を考慮する必要がない点も大きなメリットです。
不動産一括査定サイト一覧は、マネーピック編集部が、マンションや一戸建て、店舗の査定依頼に対応してくれる不動産一括査定サイトを調査し、一覧にまとめました
自身に合った不動産会社を見つけたいと思っている方は、以下でご紹介している不動産一括査定サイトを活用し、自宅の査定を依頼してみましょう!

不動産一括査定サイト一覧

1.不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)
2.すまいValue 不動産査定
3.おうちダイレクト
4.イエイ 不動産売却査定
5.LIFULL HOME'S(ライフルホームズ) 不動産売却査定サービス
6.マンションナビ一括査定
7.イエウール
8.不動産売却ならリビンマッチ(旧スマイスター)
9.不動産査定エージェント

不動産一括査定サイト一覧 その1

不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)

HOME4U・画像

対応エリア 全国
提携不動産会社数 約1,300社

NTTデータグループが運営する、国内最大級の不動産一括査定サイト。2018年11月時点で35万件以上の不動産の査定を行っており、実績は数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラス。
提携している不動産は、「住友林業ホームサービス」「東京建物不動産販売」といった大手はもちろん、地元に根差した中小の不動産会社まで幅広い。一括査定の依頼ができる不動産会社の数は最大6社。
自身の希望に合わせて不動産会社を選ぶことができ、査定したい物件の所在地と間取り、築年数などを埋め、査定方法と連絡先を入力するだけで依頼が完了する。入力にかかる時間はわずか数分と、手軽に一括査定を利用できる点も嬉しい。
さらに、HOME4Uは北は北海道、南は沖縄まで全国の不動産の査定に対応。首都圏の方だけではなく、地方在住の方も利用できる点も大きなメリットと言えるだろう
不動産の売却を視野に入れている場合、必ずチェックしておきたい不動産一括査定サイトの1つ。

HOME4U(ホームフォーユー)へ行く

不動産一括査定サイト一覧 その2

すまいValue 不動産査定

すまいValue・画像

対応エリア 全国
提携不動産会社数 6社

不動産業界をリードする、大手不動産会社6社が運営する、不動産一括査定サイト
すまいValueでは、「三菱地所ハウスネット」「東急リバブル」「小田急不動産」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「野村の仲介」の大手6社へ、不動産の一括査定を申し込むことができる。この6社は一部の例外を除き、他の不動産一括査定サイトには参加していないので、大手不動産会社からまとめて査定を取得したい場合、すまいValueの利用が必須になっている
また、すまいValueは、大手不動産会社の強みを活かし、全国の不動産の売却査定及び販売活動に対応。2017年には、6社合計で11万件以上の物件の売却に成功している。不動産売却の相談ができる実店舗の数も多く、6社合計で全国約840店舗のネットワークがあるので、最終的には実店舗で相談したいという方にとっても使いやすい。
一括査定の申し込みは、物件種別や住所、築年数、連絡先などを入力後、査定会社を選んで入力内容を送信するだけ。最短約60秒で査定依頼が終了する。
大手不動産会社が持つ、圧倒的な売却ネットワークを利用して所有する不動産を売却したいと考えている方であれば、まず登録しておくべき不動産一括査定サイトだろう。

すまいValueへ行く

不動産一括査定サイト一覧 その3

おうちダイレクト

おうちダイレクト・画像

対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、北海道(札幌)、福岡 ※セルフ売却は一都三県のみ
提携不動産会社数 9社

ヤフー不動産とソニー不動産が運営する、不動産一括査定サイト。
おうちダイレクトの特徴は、自身で売却価格を設定できる「セルフ売却」が利用できる点。「セルフ売却」は、売却者自身が物件PRを作成・掲載することで、通常数十万円かかる仲介手数料の支払いがなくなり、売買成立時の取引コストを大幅に抑えることができる。また、内見の案内や契約交渉、手続きといった専門的な仕事は、ソニー不動産のスタッフが担当し、引き継ぐため、その後も安心して利用可能。対応エリアが一都三県と、関東に限られている点には注意が必要だが、手数料をできるだけ抑えたい場合、利用を検討する価値は間違いなくある。
また、おうちダイレクトは、他の不動産一括査定サイトと同様のサービスも用意。提携する不動産会社9社の見積もりを一括で出すことができ、申し込みは最短1分で完了する。
ちなみに、マンション売却の場合、ソニーが開発した「推定価格シミュレーター」を利用すると、そのマンションの参考価格をすぐに出すことが可能。ヤフーIDと連携するだけで手軽に利用できるので、上手く活用するのがおすすめ。
「セルフ売却」を用意しおており、ユーザーに合った方法で不動産を売却できるおうちダイレクトは、おすすめの不動産一括査定サイトの1つ。

おうちダイレクトへ行く

不動産一括査定サイト一覧 その4

イエイ 不動産売却査定

イエイ・画像

対応エリア 全国
提携不動産会社数 約1,700社

株式会社セカイエが運営する、不動産一括査定サイト。2017年までに400万人以上がイエイの不動産査定を利用。提携不動産会社数も約1,700社と、国内最大級の不動産一括査定サイトとして、一定の地位を築いている。
イエイは、「ピタットハウス」「アパマンショップ不動産販売」「旭化成不動産レジデンス」他、大手不動産会社に加え、地元の不動産販売に強みを持つ中小の優良不動産会社まで、幅広くカバー。最大6社に査定依頼を出すことができ、手軽に査定価格を比較することができる点も嬉しい。
また、イエイは質の高い不動産会社のみを厳選して提携。万一、悪質な勧誘があった場合、イエイが設けている「イエローカード制度」によって、不動産会社の契約を契約解除できる仕組みを導入しており、ユーザーが安心してサービスを利用できる環境づくりに力を入れている。
さらに、イエイは見積もりを出した不動産会社へのお断り代行サービスや、査定後のフォローも実施。できるだけ高く物件を売却するため、専門知識を持ったスタッフが親身に相談に乗ってもらえる点もチェックしておきたい。
査定実績やサポート体制が充実しているイエイは、利用して損はない不動産一括査定サイトの1つ。

イエイへ行く

不動産一括査定サイト一覧 その5

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ) 不動産売却査定サービス

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)・画像

対応エリア 全国
提携不動産会社数 1,745社 ※2019年4月時点

ライフルが運営する不動産一括査定サイト。
ライフルホームズは、1,745社(※2019年4月時点)の大手~中小の不動産会社と提携しており、全国の物件の査定に対応。一度に査定を申し込める不動産の数は最大10社と、他の不動産一括査定サイトと比較しても多いので、できるだけ多くの不動産会社の見積もりを比較したい場合、ライフルホームズの利用がおすすめだろう。
また、ライフルホームズは各不動産会社の特徴がしっかり伝わるよう、会社の情報を豊富に掲載。具体的には、各不動産会社の「強み」「会社の特徴」「スタッフの写真」「資格所有者の有無」などが、わかりやすくまとまっているので、安心して不動産会社を選ぶことができる。
査定の方法は、物件種別や住所、連絡先を入力し、不動産会社を選択後、依頼を送信するだけ。最短即日で査定価格の連絡が届くので、できる限りスムーズに不動産を売却したい場合でも使いやすい点が嬉しい。名前や電話番号の記入が不要な、匿名での簡易査定に対応している点も、チェックしておきたいポイントの1つ
ライフルホームズはできるだけ多くの不動産会社へ見積もりを依頼したい方、不動産会社をしっかり選びたい方におすすめの不動産一括査定サイト。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)へ行く

不動産一括査定サイト一覧 その6

マンションナビ一括査定

マンションナビ一括査定・画像

対応エリア 全国
提携不動産会社数 約2,500社

株式会社マンションリサーチが運営する、分譲マンション専門の不動産一括査定サイト。年間360万人以上が利用しており、国内トップクラスの規模と実績を誇る。「ダイアモンドオンライン」「住宅新報」など、様々なメディアに掲載され、注目度の高いサービスとなっている。
マンションナビ一括査定は、2,500社と幅広い不動産会社の中から、最大9社へ査定を依頼可能。不動産会社は、「みずほ不動産販売」「イオンハウジング」「大京穴吹不動産」など、大手から地域に根差した中小まで幅広くカバーしており、自身に希望を満たす不動産会社を選ぶことができる。
また、マンションナビで紹介された不動産会社を通じてマンションを売却すると、売却金額に応じて最大10万円分のギフトカードをもらえる点も、メリットの1つ。ギフトカードをもらうには、売買契約締結日から30日以内に申請が必要なので、売却が決まった後、早めに申し込むのがおすすめ。
所有マンションの売却を考えている場合、有力な候補になる不動産一括査定サイトの1つ。

マンションナビ一括査定へ行く

不動産一括査定サイト一覧 その7

イエウール

イエウール・画像

対応エリア 全国
提携不動産会社数 約1,800社

株式会社Speeeが運営する、不動産一括査定サイト。2017年までの累計利用者数は1,000万人を突破し、数ある不動産一括査定サイトの中でも、トップクラスの実績を誇る。
イエウールは、全国1,800社以上の不動産会社と提携しており、「みずほ不動産販売」「センチュリー21」などの大手から、優良な地元密着型の中小不動産会社まで幅広くカバー。自宅をできる限り高値で売却したい場合は、地元密着型の不動産会社含め、検討すると良いだろう。
また、イエウールはユーザーの意見をしっかりと反映し、クレームが多い不動産会社に関しては契約を解除。厳選した質の高い不動産会社から査定を取得できるよう、ユーザー視点でサービスのブラッシュアップに努めている。
査定を依頼する際は、不動産の住所や間取りなどの入力と、自身の氏名、連絡先の記入で申し込みが完了。チャット形式で、楽しく情報を記入できる点も、イエウールの特徴だろう。
これから地方にある不動産を売却したいと考えている方にとって、地方の不動産査定に強いイエウールは、有力な選択肢の1つ。

イエウールへ行く

不動産一括査定サイト一覧 その8

不動産売却ならリビンマッチ(旧スマイスター)

不動産売却ならリビンマッチ(旧スマイスター)・画像

対応エリア 全国
売却査定対象 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(1室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
提携不動産会社数 約1,400社

リビンマッチ(旧スマイスター)は、様々な不動産会社比較メディアを手掛けるリビン・テクノロジーズ運営の不動産一括査定サイト。リビン・テクノロジーズは、業績を右肩上りに伸ばしており、2019年6月28日に東証マザーズに上場。不動産一括査定サイトの運営会社としては、数少ない上場企業として、大きな注目を集めている
提携する不動産会社は1,400社以上。「住友林業ホームサービス」「東急リゾート」「東京建物不動産販売」といった大手不動産会社はもちろん、「東北ミサワホーム」「近鉄不動産」など、地域の不動産売却に強い不動産会社も多数一括査定に参加している
査定対応エリアは全国。対象種別は分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(1室)、店舗・工場・倉庫に加え、農地やその他の不動産にも対応する等、幅広い。
保有している不動産の一括査定に必要な情報は、対象種別と住所、建物の専有面積、間取り、物件所在地、個人情報となっており、他の不動産一括査定サイトと比べても項目が少ない。一度の入力で最大6社から査定を取得することができるので、結果をしっかり比較した上で、不動産会社を選ぶと良いだろう
一括査定に参加している不動産会社の数、査定を依頼できる不動産の種類、査定の取得し易さ等、多くの項目でリビングマッチが高いレベルにあることは間違いない。不動産一括査定サイトの利用を検討している方は、要チェックだろう。

不動産売却ならリビンマッチへ行く

不動産一括査定サイト一覧 その9

不動産査定エージェント

不動産査定エージェント・画像

対応エリア 全国
売却査定対象 マンション、一戸建て、土地、店舗・事務所、一棟マンション、一棟アパート、工場・倉庫、ビル一室
提携不動産会社数 約438社

不動産査定エージェントは、様々な不動産関連のインターネットサービスを提供するセカイエ運営の不動産一括査定サイト。2019年6月時点で30万人を超えるユーザーがサービスを利用しており、実績は十分。
提携する不動産会社は400社以上。「センチュリー21」「ピタットハウス」といった大手不動産会社はもちろん、高額物件の売却に強い「ロイヤルハウジング」や神奈川の不動産売却に強い「List(リスト)」等、様々な不動産会社が一括査定に参加している
査定対応エリアは全国。対象種別はマンション、一戸建て、土地、店舗・事務所、一棟マンション、一棟アパート、工場・倉庫、ビル一室まで幅広い。
保有している不動産の一括査定に必要な情報は、対象種別と住所、建物の専有面積、間取り、築年数、物件の現状と名義人、個人情報、査定理由と査定方法のみ。数分あれば十分に入力できる。また確認画面で対象となる不動産会社が表示され、依頼先を絞り込める点も嬉しい
他と比較すると、参加している不動産会社の数は少ないが、確かな実績を持つ不動産一括査定サイトであることは間違いない。

不動産査定エージェントへ行く

著者

ツハラ

ツハラ
Hayakawa所属のライター兼編集者。主な執筆ジャンルは金融、エンタメ、転職(就職)、教育。
好きなものは本と音楽とゲーム。ニュージーランドへの留学経験あり。

このページのトップへ