住友林業ホームサービスの不動産売却の評判は?仲介手数料を値引く方法や利用者の評価も

MENU

住友林業ホームサービスの不動産売却の評判

住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービス・画像

住友林業ホームサービスの概要

設立 1964年9月1日
社員数 416名(2017年4月現在)
事業内容
  • 不動産業
  • 不動産関連業

住友林業ホームサービス 店舗一覧:54店舗(2018年2月時点)

関東地区(東京エリア) 東京(八重洲)、東京西(荻窪)、吉祥寺、練馬、小石川、中野、恵比寿、豊洲、月島、自由が丘、三間茶屋、成城、調布、府中、町田、目黒、大井町、四谷ほか
関東地区(東京以外) 横浜、藤沢、京葉(八幡)、柏、浦和、川口
中部地区 名古屋、名東、本山、瑞穂、平針、大曾根、いりなか(昭和)緑ほか
関西地区(大阪エリア) 大阪、北摂(吹田)、西田辺(阿倍野)、境、境北野田、大阪東(守口)、高槻ほか
関西地区(大阪以外) 京都、神戸、西宮、神戸西(垂水)、岡本、福岡、薬院、西新

住友林業ホームサービスを含む900社に不動産売却査定を依頼

不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)

不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)・画像

NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイト。全国900社の不動産会社の中から、最大6社の不動産査定を取り寄せることができる。提携不動産会社には、「住友林業ホームサービス」をはじめ、「野村の仲介+」「東京建物不動産販売」「三井住友トラスト不動産」などの大手不動産会社が参加。その他、地域密着型の中小不動産会社も多数加わっているため、大手と中小の両方に査定を依頼し比較できる。サービス開始から16年、累計査定実績は20万件以上と、信頼性の高い不動産一括査定サービスの一つ。

住友林業ホームサービスの不動産売却の強み

不動産

住友林業ホームサービスは、1964年創業の不動産会社。山林経営から住宅建築までをトータルで手がける「住友林業グループ」を母体に持ち、その中の不動産流通分野(不動産の売買・仲介)を担う。
住友林業ホームサービスの特徴は、住友林業のネームバリューを活かした販売活動と、利用者の立場にたった各種サポート制度
販売活動においては、住友林業グループの幅広いコネクションに加え、首都圏・関西・愛知・福岡の各主要都市に構えた店舗を通じて、地域密着型の不動産売買にも強みを持つ。また、住友林業ホームサービスが運営する不動産検索サイト「すみなび」に物件情報を掲載し、全国から買主を募ることも可能。
売却サポートでは、物件の引き渡し後一年間の住宅の不具合を保証する「あんしん保証付仲介システム」を提供している。売却前に一級建築士や第三者機関が住宅をチェックし、一戸建ては建物、マンションは設備について、万一不具合が起きた場合の補修費用を保証。
住み替えや相続などの相談、引っ越し業者・リフォーム業者・有料老人ホームといった提携サービスの紹介に対応している点も嬉しい。
2017年のオリコン日本顧客満足度調査では、不動産仲介売却マンション部門において、「担当者の提案力」など8つのすべての項目で1位を獲得。ちなみに、住友林業の住宅を売却する場合は、独自の売却基準が適用され、査定額が有利になる可能性が高いので、住友林業で建てた家を売る場合は特に候補に加えておきたい。
他の大手不動産会社と比較すると、店舗数や対応エリアでは一歩譲るものの、顧客本位の姿勢やサービス面での評価は高い。不動産売却を検討する際は、はずせない不動産会社の一つだろう。

不動産売却時にかかる手数料

取引金額200万円以下 取引金額の5%以内+消費税
取引金額200万円以上400万円以下 取引金額の4%以内+消費税
取引金額400万円以上 取引金額の3%以内+消費税

住友林業ホームサービスの不動産売却時にかかる仲介手数料を値引く方法

  • 値引きの目安:15~35%
  • 値引き難易度:

仲介手数料値引きのポイント

三井のリハウス、ノムコム、住友不動産販売などの大手不動産会社と比較すると、営業規模で劣ることから、仲介手数料の値引きに関しては比較的融通が利く。仲介手数料の値引きは、担当者との話し合いがポイントとなることも多い。売却価格が高額になる物件であれば、専任仲介で依頼することにより、担当者レベルで20%、支店長レベルで30%程度まで値引きを引き出せる可能性あり。ただし、営業エリアなどは得意不得意が分かれるため、契約種類(専任・一般)を決める前に、必ず他の不動産会社との相見積もりを取りたい。

見積もりを効率化!大手と中小の両方から不動産売却の査定を取得する方法

不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)

不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)・画像

NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイト。全国900社の不動産会社の中から、最大6社の不動産査定を取り寄せることができる。提携不動産会社には、「住友林業ホームサービス」をはじめ、「野村の仲介+」「東京建物不動産販売」「三井住友トラスト不動産」などの大手不動産会社が参加。その他、地域密着型の中小不動産会社も多数加わっているため、大手と中小の両方に査定を依頼し比較できる。サービス開始から16年、累計査定実績は20万件以上と、信頼性の高い不動産一括査定サービスの一つ。

住友林業ホームサービスの不動産売却の評判

実際に住友林業ホームサービスで不動産を売却しました。最後のところで買主と折り合わず破談しかけましたが、担当者が特別決済を取って手数料を値引いてくれたので、無事売却成立となりました。他の不動産会社と比較すると、担当者が誠実で押しが強くない印象を受けます。そこが少し頼りない時もありますが、信頼できるのは間違いありません。物件を売却する力は中程度だと思いますが、本当に売れる物件であれば、どの不動産会社でも売れるので、住友林業ホームサービスを加えても良いと思います。専任媒介にせず、一般媒介で三井のリハウスや野村などといっしょに依頼するのもありですね。

このページのトップへ