MENU

モビルス(4370)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価

コンタクトセンター向けSaaSプロダクト(モビシリーズ)等のCXソリューションの提供するIT企業。要するに顧客サポートの現場を自動化するソリューションを提供している。

これから先の社会で確実に需要が伸びていく事業を手掛けており、期待値は高い。売上も着実に伸びており、契約数も増加。解約率が低下している点も評価できる。利益は赤字だったり、黒字だったりと不安定だが、成長期である事を考えると許容範囲。

三菱UFJやNTT、SMBC系のVC他、多くのVCが出資していることからも期待値が高いことがわかる。ただその分VCの売り圧力が強く、低価格で付与されているストックオプションも売り圧力になりそう。

期待値の高いA評価の銘柄だが、最近のIPOは将来性のある企業でも初値を抑えられる傾向があるので初値は2倍強の2,300円と予想
IPOに応募する際の狙い目は主幹事の大和証券の子会社「CONNECT(コネクト)」。間違いなく大和証券から一定の配分があるので、SBI証券より当選しやすい可能性大
初値が公募を割る可能性はほぼゼロなので、全力で申し込むべき。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額

証券会社リスト

主幹事証券 大和証券
幹事証券
(委託含む)
CONNECT
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
野村證券
極東証券
静銀ティーエム証券
三菱UFJ モルガン・ スタンレー証券

IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。
中でもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、残りの30%を応募者の年齢や口座開設状況などに応じて当選確率が変動する優遇抽選を実施しているCONNECTです。 また、70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券もおすすめです。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価

Author:アキ

このページのトップへ