ソネット・メディア・ネットワークスのIPO情報と初値予想!

MENU

IPO情報&IPO初値予想 – ソネット・メディア・ネットワークス(6185)

IPO企業 ソネット・メディア・ネットワークス 東証マザーズ:6185

上場日 2015年12月22日
初値予想 3,800-4,000円
総合評価 4.0
おすすめの証券会社 SBI証券
マネックス証券
成長性 4.0
当たりやすさ 2.5
割安度 3.0
吸収金額 3.5

基本情報

事業内容 DSP「Logicad(ロジカド)」を中心とするマーケティングテクノロジー事業
所在地 東京都品川区大崎二丁目11番1号
設立 2000年3月21日
従業員数 85人
代表 代表取締役社長 地引 剛史

業績(単独)

単位:1千円

決算年月 2013年3月 2014年3月 2015年3月
売上高 1,845,157 2,314,850 3,712,905
経常利益 -349,312 65,661 169,301
当期利益 -710,969 61,931 207,922
純資産額 719,179 874,906 1,434,449
総資産額 435,238 509,090 717,120

証券会社リスト

証券会社 割当て
大和証券 510,000株
SMBC日興証券 36,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 24,000株
SBI証券 6,000株
証券会社 割当て
マネックス証券 6,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 6,000株
丸三証券 6,000株
いちよし証券 6,000株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。またどれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 12/7-12/11
当選日 12/14
購入期間 12/15-12/18
価格
想定価格 2,250円
仮条件 2,150-2,300円
公募価格 2,300円
想定価格のPER 29.6倍
初値予想 3,800-4,000円
株数
公募株数 600,000株
当選株数 690,000株
企業規模
吸収金額 15.5億円
時価総額 61.6億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

総評

ソネット・メディア・ネットワークスは、インターネットアドテクノロジー事業を手掛けており、IPOでは人気の業種と言えます。業績は、2014年から2015年にかけて大きく伸びており、またソニーグループの企業であるという点も好材料です。吸収金額は約15億円と、東証マザーズでは中型の規模。プロパティエージェント(3464)と同時上場という点が唯一の懸念材料ですが、一定の初値は期待できるでしょう。

IPO初値予想アンケート

ソネット・メディア・ネットワークス(6185)の初値は?

  • 2倍以上(75%)
  • 1倍~1.5倍(25%)
  • 1.5倍~2倍(0%)
  • 公募価格割れ(0%)

4票

Loading ... Loading ...

このページのトップへ