富士ソフトサービスビューロ(6188)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

富士ソフトサービスビューロ(6188)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 富士ソフトサービスビューロ 東証JASDAQスタンダード:6188

上場日 2016年3月15日
初値予想 1,250円

総評

マネーピック編集部

総合評価
3.0

富士ソフトサービスビューロは、コールセンターサービス、BPOサービス(事務代行等)、オフィスサポートサービス(人材派遣等)、ウェブコンテンツサービス/システムサポートサービス(Webサイト制作等)などを行っています。
ベルシステム24ホールディングスの初値が公募価格割れしたように、コールセンター関連の事業はIPOでは人気化しにくい分野と言えます。しかし、吸収金額が小さいことや売り出しが少ないことを踏まえると、一定の初値は期待できそうです。

話題性 2.0
需要 3.0
割安度 3.5
吸収金額 3.0
おすすめ証券会社
SBI証券

富士ソフトサービスビューロ(6188)初値結果

企業概要

事業内容 コールセンター及び事務センター等のBPO事業
所在地 東京都墨田区江東橋二丁目19番7号
設立 1984年10月1日
従業員数 1975人
代表 代表取締役社長 貝塚 隆

証券会社リスト

証券会社 割当て
野村証券 – 株
SBI証券 – 株
大和証券 – 株
証券会社 割当て
SMBC日興証券 – 株
みずほ証券 – 株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 2/26-3/3
当選日 3/4
購入期間 3/7-3/10
価格
想定価格 890円
仮条件 800-890円
公募価格 890円
想定価格のPER 21.3倍
初値予想 1,250円
株数
公募株数 352,000株
当選株数 809,600株
企業規模
吸収金額 7.20億円
時価総額 20.2億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

IPO初値予想アンケート

富士ソフトサービスビューロの初値予想

  • 2倍以上(0%)
  • 1.5倍~2倍(0%)
  • 1倍~1.5倍(100%)
  • 公募価格割れ(0%)

1票

Comments(1)

1倍~1.5倍akiraさん
上場する意味あるのかな??と思ってしまうような銘柄。。。吸収金額も小粒で時価総額も小さいのでプラスになると思うが、個人的にはテーマ性にも乏しいし、申し込まなくても良いのかなあと思う。公募近辺少しプラスでは?

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ