リファインバース(6531)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

リファインバース(6531)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 リファインバース 東証マザーズ:6531

上場日 2016年7月28日
初値予想 3,200円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.5

リファインバース(6351)は、再生樹脂製造販売事業、産業廃棄物の収集運搬・中間処理を行う産業廃棄物処理事業を手掛けるエンジニアリング企業。事業内容を見ると、IPOの中でも値が飛びやすいIT関連ではありませんが、再生樹脂製造販売という事業自体には、テーマ性があり、今後成長が期待できる産業であることを考えると、個人投資家の期待値は高いと言えるでしょう。また仮条件の時価総額が25億弱、市場での吸収も3億強と、東証マザーズに上場するIPOの中でも小粒であり、需要と供給のミスマッチからも大きな上昇が期待できる銘柄と言えるでしょう。
主幹事証券は大和証券がつとめており、幹事証券はSBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、いちよし証券、エース証券、ちばぎん証券という構成です。個人投資家として、当選を期待したいのはSBI証券ということになりますが、当選することができればプラチナチケットとなることは間違いありません。マネーピック編集部では買い推奨。IPOチャレンジポイントがある方は、全力申し込みを検討しても良い銘柄と考えます。

話題性 4.0
需要 4.5
割安度 4.5
吸収金額 5.0
おすすめ証券会社
SBI証券マネックス証券

企業概要

事業内容 廃棄物に再資源化処理を行うことで合成樹脂を製造し販売する再生樹脂製造販売事業、産業廃棄物の収集運搬・中間処理を行う産業廃棄物処理事業
所在地 東京都中央区日本橋人形町三丁目10番1号
設立 2003年12月25日
従業員数 118人
代表 代表取締役社長 越智 晶

証券会社リスト

証券会社 割当て
大和証券 – 株
SBI証券 – 株
SMBC日興証券 – 株
みずほ証券 – 株
証券会社 割当て
いちよし証券 – 株
エース証券 – 株
ちばぎん証券 – 株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 7/12 -7/19
当選日 7/20
購入期間 7/21-7/26
価格
想定価格 1,700円
仮条件 1,500-1,700円
公募価格 1,700円
想定価格のPER 33.4倍
初値予想 3,200円
株数
公募株数 90,000株
当選株数 189,500株
企業規模
吸収金額 3.22億円
時価総額 23.4億円
その他
ロックアップ
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ