エコモット(3987)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

エコモット(3987)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 エコモット 札証アンビシャス:3987

上場日 2017年6月21日
初値予想 3,600円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

エコモット(3987)は、融雪システム遠隔監視ソリューション、建設情報化施工支援ソリューション、交通事故削減ソリューションなど、モノにネットの機能を埋め込むことで様々な問題の解決に取り組むIoTインテグレーション企業で、上場市場は札幌アンビシャスです。
売上は右肩上がりですが、利益に関しては年度によって増減が激しいのが懸念です。ただしここ数年は黒字が定着している点は評価できます。
札幌アンビシャスで市場での吸収が4億円と比較的大きい点は気になるところですが、各種指標、事業内容を見る限り投資に値する企業であると言えるでしょう。初値が落ち着いている場合はセカンダリー妙味もあります。
主幹事証券は岡三証券、幹事証券はSBI証券、SMBC日興証券、上光証券、松井証券、SMBCフレンド証券、エイチエス証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、一部完全抽選枠があるSBI証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 4.0
需要 4.0
割安度 4.0
吸収金額 3.0
おすすめ証券会社
SBI証券SMBC日興証券

企業概要

事業内容 IoTインテグレーション事業(IoTソリューションの企画及びこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発並びにクラウドサービスの運用・保守に関する業務)
所在地 札幌市中央区北一条東二丁目5番2号
設立 2007年2月19日
従業員数 58人
代表 代表取締役 入澤拓也

証券会社リスト

証券会社 割当て
岡三証券 142,700株
SBI証券 4,800株
SMBC日興証券 8,100株
上光証券 1,600株
証券会社 割当て
松井証券 1,600株
SMBCフレンド証券 1,600株
エイチエス証券 1,600株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券や大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 6/2-6/8
当選日 6/9
購入期間 6/13-6/16
価格
想定価格 2,500円
仮条件 2,470-2,730円
公募価格 2,730円
想定価格のPER 235.96倍
初値予想 3,600円
株数
公募株数 12,000株
当選株数 186,000株
企業規模
吸収金額 4.65億円
時価総額 15.5億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

業績(単独)

単位:1千円

決算年月 2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 592,544 685,619 738,987
経常利益 58,624 49,222 11,572
当期利益 35,635 35,637 6,590
純資産額 145,221 180,858 187,448
総資産額 429,461 542,113 565,936

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ