Fringe81(6550)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

Fringe81(6550)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 Fringe81 東証マザーズ:6550

上場日 2017年6月27日
初値予想 3,300円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

Fringe81(6550)は、広告関連のプラットフォーム事業を手掛けるITベンチャー企業です。これまでは赤字が続いていましたが、今期から黒字化の予定となっており、売上も順調な伸びを見せています。様々な動画広告のプラットフォームを手掛け、NTTドコモと組んでターゲティング広告事業を手掛ける等、今後の成長性に期待したいところです。
主幹事の野村証券は初値を強気に見積もる傾向にありますが、吸収金額約6億、時価総額50億弱と妥当な水準で上場する点も評価できます。現状の業績を考慮し、値が跳ね上がる場合は慎重に判断すべきでしょう。60%前後の上昇であればセカンダリーにも妙味があります。
主幹事証券は野村證券、幹事証券はマネックス証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、岩井コスモ証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、野村證券の抽選申し込みに加え、完全抽選のマネックス証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 3.5
需要 3.5
割安度 3.0
吸収金額 4.5
おすすめ証券会社
野村証券マネックス証券

企業概要

事業内容 インターネット広告配信プラットフォーム(アドネットワーク)等のサービス開発から広告主のマーケティング支援サービスの提供、ならびにHRテック領域等におけるウェブサービスの提供等
所在地 東京都港区六本木六丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー8F
設立 2012年11月15日
従業員数 88人
代表 代表取締役CEO 田中弦

証券会社リスト

証券会社 割当て
野村証券 221,100株
マネックス証券 5,200株
SMBC日興証券 10,400株
証券会社 割当て
みずほ証券 10,400株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 10,400株
岩井コスモ証券 2,600株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券です。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 6/8-6/14
当選日 6/15
購入期間 6/19-6/22
価格
想定価格 2,070円
仮条件 2,400-2,600円
公募価格 2,600円
想定価格のPER
初値予想 3,300円
株数
公募株数 108,800株
当選株数 299,100株
企業規模
吸収金額 6.19億円
時価総額 49.7億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ