インターネットインフィニティー(6545)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

インターネットインフィニティー(6545)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 インターネットインフィニティー 東証マザーズ:6545

上場日 2017年3月21日
初値予想 4,300円

総評

マネーピック編集部

総合評価
5.0

インターネットインフィニティー(6545)は、シニア・シルバーマーケットにおいて介護とITの融合により新しい介護サービスを提案する企業です。インターネットと介護の組み合わせはテーマとして新しく、高齢化の進む日本では今後需要の見込まれる業態でもあります。
直近の業績も黒字化できており、市場での吸収金額もわずか3億弱となっていることから、需給面から大幅に買い上げられる可能性が高いと判断。3倍超の初値が付くプラチナチケットと予想します。
主幹事証券はみずほ証券、幹事証券はSBI証券、大和証券、SMBC日興証券、いちよし証券、岡三証券、岩井コスモ証券、エイチ・エス証券、丸三証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、みずほ証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 5.0
需要 5.0
割安度 4.5
吸収金額 5.0
おすすめ証券会社
みずほ証券SBI証券

企業概要

事業内容 ヘルスケアソリューション事業及び在宅サービス事業
所在地 東京都中央区築地五丁目6番10号
設立 2001年5月7日
従業員数 255人
代表 代表取締役社長 別宮圭一

証券会社リスト

証券会社 割当て
みずほ証券 169,900株
SBI証券 1,900株
大和証券 7,800株
SMBC日興証券 5,800株
いちよし証券 3,900株
証券会社 割当て
岡三証券 1,900株
岩井コスモ証券 1,900株
丸三証券 1,900株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 3/2-3/8
当選日 3/9
購入期間 3/10-3/15
価格
想定価格 1,240円
仮条件 1,240-1,320円
公募価格 1,320円
想定価格のPER 21.5倍
初値予想 4,300円
株数
公募株数 130,000株
当選株数 224,000株
企業規模
吸収金額 2.77億円
時価総額 15.1億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

業績(単独)

単位:1千円

決算年月 2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 1,648,958 2,029,639 2,426,961
経常利益 -154,974 6,926 104,996
当期利益 -117,254 9,365 70,565
純資産額 79,180 88,546 159,111
総資産額 691,437 915,612 977,093

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ