エル・ティー・エス(6560)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

エル・ティー・エス(6560)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 エル・ティー・エス 東証マザーズ:6560

上場日 2017年12月14日
初値予想 1,100円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

エル・ティー・エス(6560)は、目論見書にはPA・AI・ビジネスプロセス可視化等を活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスを提供するとありますが、公式ホームページ上及び決算書を見る限り、IT導入支援を中心としたコンサルティングサービスが主たる事業と考えて良いでしょう。またITビジネスコミュニティ「アサインナビ」の運営も手掛けており、IT人材の不足に対応するプラットフォームビジネスを手掛けている点は評価できます。
AI導入支援を手掛けるIT企業と考えると高く評価できますが、コンサルティング会社と考えると伸びしろが限られるため、評価が難しいところです。マネーピック編集部の分析では、コンサルティング会社としての側面が強いと考えますが、目論見書を見る限り、IT企業として評価される可能性が高く、そうなると初値はかなり割安で伸びしろがあると判断。初値は1,100円が妥当と予想します。
主幹事証券は大和証券、幹事証券はSBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、いちよし証券、岩井コスモ証券、エース証券、藍澤證券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、大和証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券、完全抽選のマネックス証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 4.0
需要 4.0
割安度 4.5
吸収金額 5.0
おすすめ証券会社
SBI証券マネックス証券

企業概要

事業内容 RPA・AI・ビジネスプロセス可視化等を活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスの提供及び企業のIT人材不足を解消するマッチングプラットフォーム「アサインナビ」の提供
所在地 東京都新宿区新宿二丁目8番6号
設立 2002年3月22日
従業員数 151人
代表 代表取締役  樺島 弘明

証券会社リスト

証券会社 割当て
大和証券 552,500株
SBI証券 32,500株
マネックス証券 6,500株
SMBC日興証券 19,500株
証券会社 割当て
岩井コスモ証券 – 株
いちよし証券 19,500株
エース証券 6,500株
藍澤證券 6,500株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 11/29-12/5
当選日 12/6
購入期間 12/7-12/12
価格
想定価格 630円
仮条件 630-680円
公募価格 680円
想定価格のPER
初値予想 1,100円
株数
公募株数 500,000株
当選株数 747,500株
企業規模
吸収金額 4.70億円
時価総額 22.6億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ