シェアリングテクノロジー(3989)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

シェアリングテクノロジー(3989)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 シェアリングテクノロジー 東証マザーズ、名証セントレックス:3989

上場日 2017年8月3日
初値予想 1,900円

総評

マネーピック編集部

総合評価
3.5

シェアリングテクノロジー(3989)は、ライフサービス領域に関するバーティカルメディアサイト及び総合プラットフォームサイト「生活110番」の運営を行う企業です。主にインターネット上でユーザーを集客し、手数料を受け取るビジネス展開であり、価格.comの生活分野特化版とイメージするとわかりやすいでしょう。
業績を見ると黒字化を達成しており、特に第10期、直近2四半期は売上と利益が急増しています。メディア事業を手掛ける企業は数字をある程度良く見せることができることを考えると、これは上場を意識した数値ともいえるでしょう。 想定価格はこの2四半期を意識した設定となっており、割高感があるのも事実。また吸収金額も20億以上と大きいのが懸念点です。
シェアリングテクノロジーというネーミングが時流に乗っていることから、注目度は高く、初値は堅調に1,900円前後と予想しますが、その後事業を順調に伸ばせるかどうかの不透明感は否めません。それ以上の値が付く場合は下落リスクも高いため、セカンダリー投資は注意が必要でしょう。
主幹事証券は大和証券、幹事証券はSBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、みずほ証券、香川証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、大和証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券、完全抽選のマネックス証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 4.0
需要 4.0
割安度 2.5
吸収金額 3.0
おすすめ証券会社
SBI証券マネックス証券

企業概要

事業内容 ライフサービス領域に関する「バーティカルメディアサイト」及び総合プラットフォームサイト「生活110番」の運営、WEB集客にかかるコンサルティング業務等
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
設立 2006年11月24日
従業員数 82人
代表 代表取締役 CEO 引字圭祐

証券会社リスト

証券会社 割当て
大和証券 1,080,000株
SBI証券 36,000株
マネックス証券 6,000株
SMBC日興証券 12,000株
証券会社 割当て
みずほ証券 12,000株
いちよし証券 18,000株
香川証券 36,000株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 7/19-7/25
当選日 7/26
購入期間 7/27-8/1
価格
想定価格 1,560円
仮条件 1,560-1,600円
公募価格 1,600円
想定価格のPER 421.39倍
初値予想 1,900円
株数
公募株数 600,000株
当選株数 1,380,000株
企業規模
吸収金額 21.5億円
時価総額 90.1億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ