SYSホールディングス(3988)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

SYSホールディングス(3988)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 SYSホールディングス JASDAQスタンダード:3988

上場日 2017年6月30日
初値予想 3,000円

総評

マネーピック編集部

総合評価
3.5

SYSホールディングス(3988)は、IT関連のシステム開発及びコンサルティングを手掛ける、愛知の独立ベンダー企業です。
業績は安定していますが、事業内容から今後の大幅な成長を期待するのは難しいでしょう。設立は2013年ですが、創業は1991年と20年以上の歴史があり、将来性も考慮する必要がありそうです。連結での純資産が約19億、予定の公募価格での時価総額が32億弱と資産と時価総額のギャップが少ないため、現在の業績から考えると割安な価格設定と判断。3,000円程度の初値を予想します。
主幹事証券は東海東京証券、幹事証券はSBI証券、SMBC日興証券、野村證券、安藤証券、エース証券が担当しています。当該IPOの入手を希望する方は、東海東京証券の抽選申し込みに加え、一部完全抽選枠があるSBI証券をしっかり抑えておくべきでしょう。

話題性 3.0
需要 3.0
割安度 4.0
吸収金額 4.0
おすすめ証券会社
SBI証券SMBC日興証券

企業概要

事業内容 ITシステム開発(グローバル製造業、社会情報インフラ、モバイル)及びITソリューション・サービスの提供を中核とする総合情報サービス事業
所在地 愛知県名古屋市東区代官町35番16号
設立 2013年8月1日
従業員数 555人
代表 代表取締役 会長兼社長 鈴木裕紀

証券会社リスト

証券会社 割当て
東海東京証券 258,000株
SBI証券 3,000株
SMBC日興証券 6,000株
証券会社 割当て
野村證券 27,000株
安藤証券 3,000株
エース証券 3,000株

主幹事
IPOは、証券会社によって全割当て株数のうち、抽選によって配分される株数は大きく異なります。また野村証券、SMBC日興証券、大和証券は取引金額が大きい店頭取引の利用者を優先する事から、個人投資家はネット専業証券の利用を積極的に利用しましょう。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 6/14-6/20
当選日 6/21
購入期間 6/22-6/27
価格
想定価格 2,560円
仮条件 2,360-2,560円
公募価格 2,560円
想定価格のPER 22.02倍
初値予想 3,000円
株数
公募株数 200,000株
当選株数 345,000株
企業規模
吸収金額 8.83億円
時価総額 31.7億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ