AI CROSS(4476)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

AI CROSS(4476)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 AI CROSS 東証マザーズ:4476

上場日 2019年10月8日
初値予想 3,000円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.5

AI CROSSはSMSメッセージングサービス、ビジネスチャットサービス、AIAnalyticsサービスの開発・提供を行うIT企業です。
2018年12月期に売上高が急増していて、黒字転換も実現しています。また主力事業である法人向けSMSやビジネスチャット、チャットボット機能は、急成長しているマーケットということで注目度は高いでしょう。

ビジネスチャットサービスとして高いシェアを誇る Chatwork(チャットワーク)社が9月24日に上場を控えているということもあり、この上場が上手くいくかどうかで、初値が左右される可能性が大きいです。

ちなみにChatworkは初値での時価総額が約587億円、対するAI CROSSは約39億円と売上高やシェアが全く異なるとは言え、AI CROSSは割安感があると言えます。また主幹事がSBI証券で個人投資家の人気を集める可能性が極めて高い点も初値にはプラスに働くでしょう。

公募価格割れする可能性はまずないため、全力申し込みを推奨します。投資判断は4.5、初値は約3倍弱の3,000円の予想です。

話題性 4.0
需要 4.5
割安度 4.5
吸収金額 4.5

企業概要

事業内容 ビジネスコミュニケーションプラットフォーム事業
所在地 東京都港区虎ノ門3-2-2 虎ノ門30森ビル8F
設立 2015年3月
従業員数
代表 原田 典子

証券会社リスト

証券会社 割当て
SBI証券 -株
SMBC日興証券 -株
みずほ証券 -株
岩井コスモ証券 -株
証券会社 割当て
香川証券 -株
あかつき証券 -株
エイチ・エス証券 -株
東洋証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 9/20-9/27
当選日 9/30
購入期間 10/1-10/4
価格
想定価格 1,010円
仮条件
公募価格
想定価格のPER 44.52倍
初値予想 3,000円
株数
公募株数 450,000株
当選株数 699,700株
企業規模
吸収金額 7.66億円
時価総額 38.8億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ