macbee planet(7095)のIPO情報と初値予想をチェック!

MENU

macbee planet(7095)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 macbee planet 東証マザーズ:7095

上場日 2020年3月31日
初値予想 3,900円

総評

マネーピック編集部

総合評価
4.0

macbee planetは、データとAIを活用したマーケティング分析サービスを提供するIT関連企業です。いわゆるAI関連銘柄、ビックデータ関連銘柄に分類されると考えて良いでしょう。基本的にIPO投資家はAI関連やビックデータ関連銘柄への投資を好む傾向があり、macbee planetにも投資家の資金が集中する可能性が高いと考えられます

実際の事業内容を分析すると、Web接客ツール「Robee」、データ分析プラットフォーム「ハニカム」が主力商品となっていて、少々小粒という印象を受けますが、上場を機に売上、利益を伸ばせる可能性は十分あります。
現在の売上高は前期が4億6,000万円、利益は約1,900万円です。今期は売上高、利益ともに大きく伸びると予想できるでしょう。

直前に上場するサイバーセキュリティクラウドと比較すると、小粒である点は否めませんが、公募価格が低いので、2倍は充分に期待できます。主幹事のSBI証券ではIPOチャレンジポイントを使い申し込む価値ありでしょう。幹事証券に完全抽選のマネックス証券が名を連ねているので、忘れずに申し込んでおきたいところです。
投資判断は4.0、初値は3,900円を予想します

話題性 4.0
需要 4.0
割安度 4.0
吸収金額 4.0

企業概要

事業内容 データを活用したマーケティング分析サービス
所在地 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル4F,5F
設立 2015年8月25日
従業員数 64名(アルバイト含む)
代表 小嶋 雄介

証券会社リスト

証券会社 割当て
SBI証券 -株
マネックス証券 -株
SMBC日興証券 -株
みずほ証券 -株
エース証券 -株
藍澤證券(アイザワ証券) -株
証券会社 割当て
東洋証券 -株
岩井コスモ証券 -株
東海東京証券 -株
むさし証券(トレジャーネット) -株
エイチ・エス証券 -株
極東証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 3/12-3/18
当選日 3/19
購入期間 3/24-3/27
価格
想定価格 1,860円
仮条件
公募価格
想定価格のPER 40.15倍
初値予想 3,900円
株数
公募株数 370,000株
当選株数 1,154,000株
企業規模
吸収金額 21.4億円
時価総額 55.9億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

IPO初値予想アンケート

投稿する

※1 初値予想とコメントは必須入力項目です ※2 投稿は管理者の認証後に反映されます

このページのトップへ