MENU

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 アイドマ・ホールディングス 東証マザーズ:7373

上場日 2021年6月23日
初値予想 3,500円
話題性 4.0
割安度 4.0
需要 4.5
吸収金額 4.0

法人向けに営業戦略の立案、実行、検証、改善提案までをワンストップで提供する営業支援営業DXツールの開発・活用支援が主力事業。その他にもクラウドワーカー向けの業務支援ツールを手掛けている。
今時流に乗っている事業を手掛けており、売上、利益ともにしっかり成長していることから堅調な初値が期待できる。
評価はA。まずは公募価格の2倍前後がターゲットになるだろう
主幹事証券はみずほだが、SBI証券楽天証券にもある程度の配分が期待できる。マネックス証券からも応募すべきだろう。

企業概要

事業内容 法人向け営業支援、クラウドワーカー支援など
所在地 東京都豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東5号館 4F
設立 2008年12月22日
代表取締役 三浦 陽平

証券会社リスト

証券会社 割当て
みずほ証券 -株
SBI証券 -株
マネックス証券 -株
楽天証券 -株
証券会社 割当て
東洋証券 -株
エース証券 -株
極東証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 6/7-6/11
当選日 6/14
購入期間 6/15-6/18
上場日 6/23
価格
想定価格 1,830円
仮条件
公募価格
想定価格のPER 2.19倍
初値予想 3,500円
株数
公募株数 950,000株
当選株数 1,575,500株
企業規模
吸収金額 28.8億円
時価総額 135.0億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

このページのトップへ