MENU

ブレインズテクノロジー(4075)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 ブレインズテクノロジー 東証マザーズ:4075

上場日 2021年7月28日
初値予想 2,600円
話題性 5.0
割安度 4.0
需要 4.5
吸収金額 4.5

エンタープライズAIソフトウェア事業を手掛けるIT企業。データ検索製品の開発・提供、データ分析製品の開発・提供を行っており、売上・利益ともに順調に成長しており、今後にも期待できる。
ネックになるのはIPOの地合いに加え、15億超と市場での吸収金額が中規模である点。複数のベンチャーキャピタルが入っており、1.5倍でロックアップが外れる点だろう。現在の相場環境が続く場合、初値は抑えられる可能性が高い。安く始まった場合はセカンダリー投資も選択肢の1つ。
初値が公募を下回る可能性はまずないこと、将来性への期待を含めA評価とする。

SMBC日興証券はもちろん、SBI証券松井証券楽天証券からも忘れず応募しておきたい。

企業概要

事業内容 「エンタープライズAIソフトウェア事業(データ検索製品の開発・提供、データ分析製品の開発・提供)
所在地 東京都港区高輪3-23-17 品川センタービルディング4F
設立 2008年8月8日
代表取締役 濱中 佐和子

証券会社リスト

証券会社 割当て
SMBC日興証券 -株
SBI証券 -株
楽天証券 -株
松井証券 -株
証券会社 割当て
野村証券 -株
みずほ証券 -株
いちよし証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 7/9-7/15
当選日 7/16
購入期間 7/19-7/26
上場日 7/28
価格
想定価格 1,630円
仮条件
公募価格
初値予想 2,600円
株数
公募株数 620,000株
当選株数 323,000株
企業規模
吸収金額 15.4億円
時価総額 87.5億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル あり

このページのトップへ