コアコンセプト・ テクノロジー(4371)のIPO情報&初値予想!

MENU

コアコンセプト・ テクノロジー(4371)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価

コアコンセプト・テクノロジーは、製造業・建設業をはじめとしたDX実現支援、IT人材調達支援を手掛けるIT企業。売上は見事な右肩上がり。黒字化もしっかり達成している。
株主構成を見るとVCも入っておらず、180日のロックアップがかかっているので、売り圧力も限定的だろう。
想定価格での時価総額は120億を超えており、東証マザーズ銘柄としては中規模だが、市場での吸収金額は14.2億円と限定的で充分に捌ける額だろう。

本来であれば2倍超も狙える銘柄だが、最近のIPO市場の動向を考えると初値は抑えられる可能性が高い。
投資判断はB+、5,500円前後を初値の目安に考えておいたほうが無難だろう。それでも100株当選で20万円を超える利益になるので全力応募を推奨
主幹事の大和証券はもちろん、その子会社で一定の配分を期待できるCONNECTでも忘れずに応募しておきたい。SBI証券楽天証券の配分はプラチナチケットになるだろう。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額

証券会社リスト

主幹事証券 大和証券
幹事証券
(委託含む)
SBI証券
CONNECT
楽天証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券

IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。
中でもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、残りの30%を応募者の年齢や口座開設状況などに応じて当選確率が変動する優遇抽選を実施しているCONNECTです。 また、70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券もおすすめです。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価
–>

Author:アキ

このページのトップへ