MENU

ディマージシェア(4195)のIPO情報&初値予想! ※上場中止

IPO企業 ディマージシェア 東証マザーズ:4195

上場日 ※上場中止
初値予想 6,000円

デジタルソリューション事業を手掛けるいわゆるDX企業。さらにクラウド運営ということで、IPOで好まれるど真ん中、ド直球銘柄と言える。売り規模を小さいが、しっかり黒字化している点も高評価。今後大きな成長を見込める事を考えると、このタイミングで多少割高でも購入したいという投資家も多いだろう。しかも市場での吸収金額はわずか4億3,000万円。想定時価総額も18億強と考えられない程、割安感がある。さらにVCも入っていないため需給も良好。

中身を見る限り、上がる理由しか思い当たらないプラチナ銘柄。主幹事はSMBC日興証券。幹事証券にSBI証券楽天証券が名を連ねているので、このネット証券の完全抽選枠を使い、応募するのが得策だろう。SBI証券のIPOチャレンジポイントは全て使って問題なし。もし当選すれば、少し早い夏のボーナスになるだろう。

評価はS。初値は約3.5倍の6,000円前後と予想

話題性 5.0
割安度 4.5
需要 5.0
吸収金額 5.0

企業概要

事業内容 デジタルソリューション事業(DXの構想・設計・開発・運用をワンストップで支援、および自社クラウドサービスの提供)
所在地 東京都千代田区飯田橋1-5-10 教販九段ビル6F
設立 1999年9月8日
従業員数 97名
代表取締役社長 大内 慎

証券会社リスト

証券会社 割当て
SMBC日興証券 -株
SBI証券 -株
楽天証券 -株
証券会社 割当て
岡三証券 -株
みずほ証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 4/8-4/14
当選日 4/15
購入期間 4/16-4/21
価格
想定価格 1,750円
仮条件
公募価格
想定価格のPER 64.69倍
初値予想
株数
公募株数 50,000株
当選株数 246,100株
企業規模
吸収金額 4.3億円
時価総額 18.3億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

このページのトップへ