日本エコシステム(9249)のIPO情報&初値予想!

MENU

日本エコシステム(9249)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価

日本エコシステムは、公共サービス事業公営競技場におけるトータリゼータシステムの設計・製造・販売・機器設置・メンテナンス・公営競技場の運営を主に手掛けるインフラ企業。他にも事業内容には不動産の仲介だAIだと山ほど事業が書いてありますが、訳がわからなくなるので、公共サービス事業と環境関連事業を手掛けていると思えばOK。
売上は右肩上がりだったがここ数年は横ばい。利益は若干減少しており、評価はなかなか難しい。
時価総額には割安感があるが、東証2部で上場で吸収金額は16億円と中規模。成長性に乏しいとなると、初値が飛ぶ可能性はないだろう。VCなしでロックアップもしっかりかかっているので公募以外の売り圧力を気にする必要はないが、買いたいかと言われれば微妙なところ。地合い次第で公募割れする可能性も高い。

評価はC-。初値は2,000円前後と予想

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額
その他
ロックアップ
ベンチャーキャピタル

証券会社リスト

主幹事証券 みずほ証券 
幹事証券
(委託含む)
大和証券
野村證券
SBI証券
SMBC日興証券
極東証券
安藤証券
東海東京証券
岩井コスモ証券

IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。
中でもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、残りの30%を応募者の年齢や口座開設状況などに応じて当選確率が変動する優遇抽選を実施しているCONNECTです。 また、70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券もおすすめです。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価

Author:アキ

このページのトップへ