MENU

フューチャーリンクネットワーク(9241)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 フューチャーリンクネットワーク 東証マザーズ:9241

上場日 8月20日(金)
初値予想 3,400円
話題性 4.0
割安度 4.0
需要 4.5
吸収金額 4.5

IPO評価:B

地域情報プラットフォーム「まいぷれ」の構築・運営、ふるさと納税支援業務、官民協働ポータル・地域共通ポイント 運営等の官民協業事業受託、マーケティング支援業務を手掛けるIT企業。売上は2017年から右肩上がり。 2019年に黒字化を達成し、以降順調に成長している。マザーズ且つ小粒案件ということで、暴騰を期待したいが、 最近のIPO市場はIT企業の株価が低迷しており、事業に目新しさもないため、過度な期待は禁物だろう。
まずは1.5倍のラインクリアが目標。人気が集中すれば2倍以上になっても不思議はない。

公募を割る可能性はまずないので岡三証券SBI証券、 マネックス証券楽天証券での全力申し込みを推奨

あわせてチェック

企業概要

事業内容 地域情報プラットフォーム『まいぷれ』の構築・運営、ふるさと納税支援業務および官民協働ポータル・地域共通ポイント運営などの官民協業事業受託、マーケティング支援業務
所在地 千葉県船橋市西船4-19-3 西船成島ビル
設立 2000年3月2日
代表取締役 石井丈晴
証券会社 割当て
岡三証券 -株
SBI証券 -株
マネックス証券 -株
楽天証券 -株
松井証券 -株
SMBC日興証券 -株
ちばぎん証券 -株
証券会社 割当て
エイチ・エス証券 -株
むさし証券 -株
東海東京証券 -株
極東証券 -株
東洋証券 -株
水戸証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間8月2日(月)~8月6日(金)
当選日 8月10日(火)
購入期間 8月12日(木)~8月17日(火)
上場日 8月20日(金)
価格
想定価格 2,230円
仮条件
公募価格
初値予想 3,400円
株数
公募株数 80,000株
当選株数 278,800株
企業規模
吸収金額 6.2億円
時価総額 17.5億
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価

Author:アキ

このページのトップへ