リベロ(9245)のIPO情報&初値予想!

MENU

リベロ(9245)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価:
b

リベロは、部屋探し、引越し、電気・ガス等のライフラインの手配をサポートするポータルサイト事業の運営及びクラウド賃貸契約サービスの提供するWeb関連企業。

サービス内容を見る限り、転勤を支援する法人向けサービス「転勤ラクっとNAVI」や部屋の転貸借契約を支援する「ヘヤワリ」、引越し・ネット回線の手配をサポートする「新生活ラクっとNAVI」等、法人向けWebサービスが事業の中心。売上は順調に伸びており、利益は波があるがしっかり黒字化も達成している。市場での吸収金額は9億弱、東証マザーズ上場ということで初値はしっかりつきそう。ただ時価総額が大きく、株主の数も多いことから、それなりに売り圧力もある。

1.5倍になるとロックアップが外れる株主がいるので、初値は1.5倍前後の2,500円が目安になりそう。評価はBが妥当だろう

主幹事はSMBC日興証券。幹事証券にはSBI証券楽天証券が名を連ねているので、忘れずに応募しておきたい。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額
その他
ロックアップ
ベンチャーキャピタル

証券会社リスト

主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券
(委託含む)
SBI証券
楽天証券
野村證券
みずほ証券
いちよし証券
三菱UFJ モルガン・ スタンレー証券
東海東京証券
あかつき証券

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

上場日 企業名 評価

このページのトップへ