日本調理機(2961)のIPO情報&初値予想!

MENU

日本調理機(2961)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価

日本調理器は厨房機器の開発・製造・販売を手掛ける老舗企業。創業はなんと昭和22年!80年を超える歴史を持ち、堅実に事業を展開している。売上高は横ばいで推移しているが、利益水準に関しては年々低下しており、直前の第三四半期には赤字に転落。通常では上場に踏み切るタイミングではないが、よっぽど目先の資金調達が必要なのかもしれない。
はっきりいって売上高と純資産を見ると、あり得ない位、割安な時価総額。PBR1倍を割れており、会社を買って資産を全て売りさばけば20憶近くプラスになるというめちゃくちゃに設定されている。
上場する必要はないだろうというのが筆者の率直な感想で、はっきりいって評価が難しい。成長性に乏しく事業にも魅力がないと判断されれば10%程度安く始まる可能性もあるし、割安な公募価格とアフターコロナ銘柄という評価が得られれば20%近く値が上がる可能性もある。

どちらに転んでもおかしくないので評価はC。初値は公募近辺の2710円と予想

この手の地味な銘柄の中では珍しくSBI証券が主幹事。吸収金額は8億弱と当選のチャンスは十分あるので、リスクを取れる人は全力応募すると良いだろう。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額
その他
ロックアップ
ベンチャーキャピタル

証券会社リスト

主幹事証券
SBI証券
幹事証券
(委託含む)
松井証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
極東証券
水戸証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
アイザワ証券
光世証券
東洋証券
むさし証券

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価

Author:アキ

このページのトップへ