プロジェクトカンパニー(9246)のIPO情報&初値予想!

MENU

プロジェクトカンパニー(9246)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価:
b

プロジェクトカンパニーは、デジタルを活用した新規事業開発及び既存事業におけるデジタルを活用した業務効率化、デジタルマーケティング戦略の立案、スマホアプリのUI/UXの改善などのコンサルティング事業を手掛けているDX関連企業。

売上の伸び、利益の伸びは素晴らしいが、上場に備えて決算を上手くコントロールしている雰囲気があり、今後の成長は上場後、どれだけ外部案件を取れるかにかかっている。IPO絶好調時なら大幅な初値上昇が期待できたが、最近の相場状況を考えるとそれを期待するのは難しいだろう。市場への吸収金額が30億超と大きく、SBIグループの出資に対してロックアップがかかっていない事を考えると、1~2割程度上昇すれば充分。

評価はB-。3,000円前後の初値を予想
主幹事のSBI証券、副幹事の松井証券からIPOに申し込めば、高確率で当選を期待できるだろう。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額
その他
ロックアップ
ベンチャーキャピタル

証券会社リスト

主幹事証券 SBI証券
幹事証券
(委託含む)
松井証券
岡三証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
水戸証券
エイチ・エス証券
極東証券
東洋証券
むさし証券

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。中でも、SBI証券は、割当株数の70%を抽選、30%をIPOチャレンジポイント順で分配しており、分配方法の公平さが際立つネット証券の1つ。抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回以降の当選確率をアップさせることができます。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価

このページのトップへ