セーフィー(4375)のIPO情報&初値予想!

MENU

セーフィー(4375)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価:
c

セーフィーはクラウド型映像プラットフォーム「Safie」の開発・運営を行う防犯テック企業。ベンチャー界隈では何度も大きな資金調達を成功させた有名な会社で、注目を集めていたがここにきて上場。吸収金額は何と230億以上、想定価格での時価総額は1,100億超とかなり強気だなぁという印象。
売上以上に赤字が嵩んでいたが、この2年で上場に向け一気に加速し、直近の第2四半期で黒字化を達成している。売上の伸びは評価できるが、はたして1,100億超の評価額は正当化できるのか?VCの保有も多く、ストックオプションも大量に発行しており、潜在的な売り圧力は強い。

大型上場だけに主幹事のSMBC日興証券も気合いを入れて販売し、買い支えるだろうが、現在の相場環境を考えるとリスクは大きい。
評価はC-。公募近辺プラスマイナス10%以内で寄り付くだろう。状況によっては公募割れも覚悟すべき。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額
その他
ロックアップ
ベンチャーキャピタル

証券会社リスト

主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券
(委託含む)
SBI証券
CONNECT
楽天証券
みずほ証券
東海東京証券
野村證券
大和証券
三菱UFJ モルガン・ スタンレー証券
いちよし証券
丸三証券

IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。
中でもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、残りの30%を応募者の年齢や口座開設状況などに応じて当選確率が変動する優遇抽選を実施しているCONNECTです。 また、70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券もおすすめです。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価

このページのトップへ