シンプレクス・ホールディングス(4373)のIPO情報&初値予想!

MENU

シンプレクス・ホールディングス(4373)のIPO情報&初値予想!

IPO企業

上場日
初値予想
話題性
割安度
需要
吸収金額

IPO評価:
  b

シンプレクス・ホールディングスは、コンサルティングサービス及びシステム開発・運用保守を手掛ける総合コンサルティング会社。業界内での知名度・実績共に充分。以前MBOで上場を一旦廃止しており、今回は再上場になる。市場は東証一部を予定しており、吸収金額も335億円とボリューム充分。時価総額も730億円超を予定する大型上場。これだけ規模が大きければ非常に多くの人に当選チャンスがあるだろう。

個人的には将来性のある企業だと思うがいかんせん売り出し規模が大きく、ユミルリンク、コアコンセプト・テクノロジーと期待値の高い銘柄と上場日が被っているのがネックになりそう。
評価はC+。公募価格からプラスマイナス10%以内で寄り付きそう。

企業概要

事業内容
所在地
設立

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間
当選日
購入期間
上場日
価格
想定価格
仮条件
公募価格
初値予想
初値
株数
公募株数
当選株数
企業規模
吸収金額
時価総額

証券会社リスト

主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券
(委託含む)
SBI証券
マネックス証券
松井証券
みずほ証券
大和証券
野村證券
三菱UFJ モルガン・ スタンレー証券
東海東京証券
岡三証券

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

その他のIPOもチェック

上場日 企業名 評価
–>

Author:アキ

このページのトップへ