MENU

テンダ(4198)のIPO情報&初値予想!

IPO企業 テンダ JASDAQスタンダード:4198

上場日 2021年6月10日
初値予想 9,000円

テンダは、ITソリューション事業、ビジネスプロダクト事業、ゲームコンテンツ事業を手掛けるIT企業です。ITソリューション事業の中身を見ると、マニュアル作成ツールやビジネス向けチャット、プロジェクト管理ツール等、今の時流に乗った事業を手掛けていることがわかります。

またAIやゲーム等、上手くハマれば大きな利益になる事業に挑戦している点にも注目です。売上も着実に伸びており、黒字が定着していることを考えても初値の高騰は間違いないでしょう。

株主構成を見てもVCが入っておらず、売り圧力も弱いため、評価はS、3倍弱の初値を予想します

主幹事証券をつとめるのはいちよし証券ですが、狙うならSBI証券松井証券マネックス証券といった幹事証券の抽選枠になりそうです。SBI証券はIPOチャレンジポイントを使って応募することをおすすめします。

話題性 5.0
割安度 4.5
需要 5.0
吸収金額 4.5

企業概要

事業内容 ITソリューション事業、ビジネスプロダクト事業、ゲームコンテンツ事業
所在地 東京都豊島区東池袋 3-1-1 サンシャイン60(57階)
設立 1995年6月1日
代表取締役社長 中村 繁貴

証券会社リスト

証券会社 割当て
いちよし証券 -株
SBI証券 -株
マネックス証券 -株
松井証券 -株
証券会社 割当て
SMBC日興証券 -株
極東証券 -株
東洋証券 -株

主幹事
IPOの当選確率は、幹事を務める証券会社の「IPOの分配方法」により大きく左右されます。一般に、大手証券会社は店頭取引(大口顧客)への分配比率が高く、抽選分配は少なめ。一方、個人投資家の利用が多いネット証券では、抽選による分配がメインとなっており、個人投資家のIPO当選確率が高くなります。なかでもおすすめなのが、IPOの割当て株数のうち70%を抽選で配分し、抽選に外れた場合でも「IPOチャレンジポイント」が付与され、次回のIPOの当選確率がアップするSBI証券。また、どれだけ資産を持っていても申し込める株数が1単元のみ、さらに割当て株数の100%を完全平等抽選するマネックス証券もおすすめです。

IPO情報

IPOスケジュール
申込期間 5/25-5/31
当選日 6/1
購入期間 6/2-6/7
価格
想定価格 3,250円
仮条件
公募価格
想定価格のPER 33.62倍
初値予想 9,000円
株数
公募株数 280,000株
当選株数 442,700株
企業規模
吸収金額 14.4億円
時価総額 69.0億円
その他
ロックアップ あり
ベンチャーキャピタル なし

このページのトップへ