圧倒的な注目を集めるJR九州の上場が決定。JR九州のIPOに当選し、手に入れる方法は?

MENU

2016年のIPOの中でも最大規模!JR九州の上場が決定

JR九州の上場が決定

以前から上場自体は確定しており、その時期が注目を集めていたJR九州(九州旅客鉄道)の上場日がついに確定しました
注目の上場日は2016年10月25日(火)、仮条件の決定は2016年10月6日(木)、ブックビルディング期間は2016年10月7日(金)にスタートし、翌週の2016年10月14日(金)に終了します。

JR九州のIPOで当選を目指すのであれば、ブックビルディング期間中に証券会社で抽選申し込みを行う事が必須条件です。公募価格の決定は10月17日(月)に行われ、当選の有無の確認も17日以降になります。

≪ JR九州(九州旅客鉄道)IPOスケジュール ≫

上場日 2016年10月25日(火)
仮条件決定日 2016年10月6日(木)
ブックビルディング期間 2016年10月7日(金)~10月14日(金)
公募価格決定 2016年10月17日(月)

ちなみに、ブックビルディングへの申し込みの仕方は、証券会社によってルールが異なることをご存知でしょうか?
例えば、SBI証券の場合は、抽選日までに申込株数と同額の資金を入金しておくことが当選の必須条件、マネックス証券は申し込みの段階で公募価格(※申し込みは最低申し込み株数に限定)が拘束され、当選した場合はそのお金が引き落とされ、抽選に外れると返金されます。
2016年9月30日時点のJR九州の想定価格は2,450円前後となっていますが、人気が殺到した場合、上振れする可能性がある点にも注意が必要です。当選を目指す方は2,600円×最低申し込み株数100株=26万円程度を事前に用意しておくと良いでしょう。

今回のIPOの主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、JPモルガン証券、SMBC日興証券の4社。このうち三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、JPモルガン証券の3社は海外での募集を行うグローバルコーディネーターの役割も担います。
またこの4社の主幹事証券以外にも幹事証券が多数選出されており、その数はなんと50社超と異例の多さ。IPOの当選を狙う個人投資家にとって、幹事証券が多いことは当選率を上げるうえでは良いニュースなのですが、ここまで多いと株式が分散してしまい、複数当選するハードルは上がってしまう可能性もあります。この状況の中でIPOに当選するためには、証券会社を絞り込み、抽選に申し込む方法が有効です。

まず主幹事証券に関しては、比較的抽選で当たりやすいと言われているSMBC日興証券は外せません。幹事証券に関しては、上述したSBI証券マネックス証券に加え、松井証券リテラクレア証券SMBCフレンド証券あたりがネットに強く、抽選での割合が多いと考えられるため、おすすめです。

また大穴として、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と同じ三菱東京UFJフィナンシャルグループのカブドットコム証券にも一定の割り当てが行われる可能性もあります。

いずれにせよ個人投資家がIPOの当選を狙うのであれば、抽選での配分を期待できるネット証券を中心に幅広く申し込みを行う事が当選率を上げるポイントです。JR九州のIPOで当選を目指す方はもちろん、今後のIPOで当選を目指す方は、この機会に証券会社に口座開設しておくと良いでしょう。

このページのトップへ