SBI証券の評判や口コミは?IPOの実績や抽選方法などもわかりやすく解説

MENU

SBI証券の評判や口コミは?IPOの実績や抽選方法などもわかりやすく解説

SBI証券の評判、口コミ

SBI証券

SBI証券・ロゴ画像

総合 4.5

手数料
IPO取り扱い実績
抽選方法
配分
使いやすさ

ここに注目!

  • 2020年のIPO取り扱い実績No.1
  • ネット証券口座開設数No.1
  • IPOの抽選に落ちるたびに付与され、使用すると当選確率が上がる「IPOチャレンジポイント」制度

キャンペーン
口座開設&クイズに答えて最大2,000円プレゼント!【2021年9月30日まで】

あわせてチェック

SBI証券の基本情報

SBI証券

取引手数料
※売却時手数料
国内株式:現物取引スタンダードプランの場合
1注文の約定代金に対して手数料がかかるプラン
※手数料の月間合計金額1.1%相当のポイントを付与
  • 55円~1,070円
国内株式:現物取引アクティブプランの場合
1日の約定代金合計額に応じて手数料がかかるプラン
  • 100万円まで:0円
  • 200万円まで:1,278円
※200万円以上は、100万円の増加につき手数料+440円
2020年
IPO取り扱い実績
85件
2020年
IPO主幹事引き受け回数
15件
IPO抽選方法
  • 完全平等抽選:60%
  • IPOチャレンジポイントの使用:30%
    …完全平等抽選に落ちた方のなかから、IPOチャレンジポイントの申し込みポイント数が多い方へ順に分配
  • SBI証券での取引実績:10%
    …「適合性の原則(※投資に関する知識・経験・資力)」の徹底を留意した上で、SBI証券での取引状況を踏まえて分配

SBI証券

SBI証券の特徴

  • 圧倒的なIPO取り扱い実績を持つ証券会社。当選確率が大幅にアップするIPOチャレンジポイントに注目

SBI証券は、660万以上の口座開設数を誇る国内最大級のネット証券会社。2020年のIPO取り扱い実績は85件と、他のネット証券会社と比較しても群を抜いて多く、対面証券を含めても、圧倒的なNo.1となっている。

SBI証券のIPOの抽選方法は、「完全平等抽選60%+IPOチャレンジポイントによる分配30%+SBI証券での取引実績による分配10%」で構成。

完全平等抽選は、抽選自体は平等だが申し込み単位ごとに抽選権が付与されるため、申し込み単位数が多いほど、当選確率が高くなる。IPOチャレンジポイントによる分配は、完全平等抽選に落選した方のなかから、IPOの抽選に落ちるたびに付与される「IPOチャレンジポイント」の申し込み数が多い順に分配。ちなみに、このIPOチャレンジポイントには有効期限がないため、抽選に落ちた場合でも、IPOへのチャレンジを続けることで、当選に近づいていく。この仕組みは、SBI証券を利用する大きなメリットといえる。

完全平等抽選、IPOチャレンジポイントによる分配を除く残りの分は、「適合性の原則(※投資に関する知識・経験・資力)」を留意したうえで、SBI証券での取引実績に応じて分配される。

また、SBI証券は、ネット専業の証券会社としては珍しく、IPOの主幹事を務めるケースも少なくない。2020年の主幹事引き受け件数は15件。主幹事を務める証券会社は、公募株数の過半数が割り当てられるため、他の証券会社と比較すると、当選確率が高くなる点もチェックしておきたい。

他の証券会社と比較してもIPOの取り扱いが多い点に加え、IPOに外れた場合でも、今後の当選確率がアップするIPOチャレンジポイントが利用できるSBI証券は、IPO投資を考えている人であれば、まず口座を作っておくべき証券会社だろう。

SBI証券の口コミ

30代・女・会社員 投資初心者です。多くの人が利用しており、安心して使えると思い、口座開設しました。IPOの取り扱いが多いので、その分、IPOに多く参加できます。落選してもIPOチャレンジポイントがもらえ、「これは!」という銘柄の時に、貯めたポイントを使って有利な条件でIPOに応募できるのも良いと思いました。
利用者が多い分、IPOに応募する人も多いので、なかなか当選しない印象ですが(※私の場合、これまでに100回以上応募して、数回補欠当選…繰上当選なし、といった感じです)、IPOでの投資を考えている人にはおすすめの証券会社だと思います。

その他のIPOにおすすめの証券会社

Author:溝口 麻衣

このページのトップへ