2021年7月のIPOカレンダー。スケジュールをしっかりチェックしてIPOをゲットしましょう。

MENU

IPOカレンダー 2021年7月のIPOスケジュールをチェック!

  • IPO一覧
  • IPOカレンダー

2021年7月のIPOスケジュール

IPO企業 評価 上場日 市場コード 申込期間 おすすめの証券会社
AIメカテック 7月30日(金) 東2:6227 7月12日~7月16日 SBI証券CONNECT 楽天証券
初値予想 1,800円 社名からAI関連と思いきや景気の影響を大きく受ける半導体関連。現在は半導体市況が好調なのが唯一の救いだが、東証2部、吸収金額が75億以上と大きく、売上、利益ともに大きく減少、且つVCの売り出し案件と上がる要素が見当たらない。極めて厳しいだろう。
デリバリーコンサルティング 7月29日(木) 東M:9240 7月12日~7月16日 SBI証券SMBC日興証券 楽天証券
初値予想 1,400円 テクノロジーコンサルティングカンパニーを手掛けるコンサル企業。いわゆるDX関連だが、直近のIPO動向を見ると、初値での大幅な上昇は難しいだろう。売上、利益は成長しており、今後の成長も期待できるが、初値は慎重に見ておきたい。2割から3割上がれば充分だろう。
ブレインズ テクノロジー 7月28日(水) 東M:4075 7月9日~7月15日 SBI証券SMBC日興証券 楽天証券
初値予想 2,000円 データ検索製品の開発・提供、データ分析製品の開発・提供を行っており、売上・利益ともに順調に成長している。ネックになるのはIPOの地合いに加え、15億超と市場での吸収金額が中規模である点。複数のベンチャーキャピタルが入っており、1.5倍でロックアップが外れる点だろう。現在の相場環境が続く場合、初値は抑えられる可能性が高い。安く始まった場合はセカンダリー投資も選択肢の1つ。初値が公募を下回る可能性はまずないだろう。
サーキュレーション 7月27日(火) 東M:7379 7月7日~7月13日 SBI証券楽天証券
初値予想 2,000円 今はやりの副業関連銘柄と言える。売上は右肩上がり。利益は微益(前期は赤字)が続いていたが、今期は大幅黒字予定。注目度の高い業種だが、市場での吸収金額が40億弱と大きく、時価宗獏も130億超と東証マザーズではそれなりの規模。最近の地合いを考えると初値暴騰は期待しにくい。2割、3割程度上昇すれば充分だろう。
ランドネット 7月21日(水) JQS:2991 7月6日~7月12日 SBI証券SMBC日興証券マネックス証券
初値予想 4,800円 目論見書を見る限り、中古のワンルームマンション投資が主力事業。黒字化している点は評価できるが、利益は横ばいが続いている。 サービスの評判は微妙だが、売上、利益、純資産額から考えると、公募価格は明らかに割安。相場の地合いは悪化しつつあるが、初値売りで負ける銘柄ではないだろう。
アシロ 7月20日(火) 東M:7378 7月2日~7月8日 SBI証券楽天証券マネックス証券
初値予想 1,700円 アシロは弁護士業界とITを結びつけたリーガルメディアサイト「弁護士ナビ」の運営を手掛けるWebメディア企業。また市場での吸収金額が54億超と大きく、VCが多数入っており、1.5倍でロックアップが解除されるのでそこが正念場になりそう。
ラキール 7月16日(金) 東M:4074 6月30日~7月6日 SBI証券楽天証券LINE証券
初値予想 2,600円 売上高は横ばいだが、利益率は増加。あとはこの売り上げを拡大できるかどうかが上場後の株価を大きく左右するだろう。吸収金額の約19億は問題なし。初値をどこまで伸ばせるかわからないが、上昇は確実。まずは2倍が目安になりそう。
コラントッテ 7月8日(木) 東M:7792 6月22日~6月28日 SBI証券楽天証券LINE証券
初値予想 2,000円 市場での吸収金額は25億円弱と中規模だが、6月のIPOラッシュが終わっていることもあり、問題なく消化できるだろう。VCが入っていないので値崩れする可能性が低い点も高評価。爆上げは期待できないが2倍弱は狙えるだろう。
ジィ・シィ企画 7月7日(水) 東M:4073 6月18日~6月24日 SBI証券岡三オンライン証券
初値予想 5,500円 売上高、利益率、保有資産、成長性を考えると想定価格は明らかに割安。初値は3倍以上を期待できるA級銘柄であるのは間違いない。主幹事は岡三証券ということで抽選で当てるのは難しいが、幹事証券にSBI証券が含まれているので、IPOチャレンジポイントを全力投入し、申し込んでおきたい。
BCC 7月7日(水) 東M:4073 6月18日~6月24日 SBI証券松井証券
初値予想 3,500円 初値が公募を割る可能性はゼロ。間違いなく応募すべきIPOだが事業内容を見ると、5倍、10倍になる可能性は低いだろう。目安は3倍弱の3,500円前後。主幹事証券のSBI証券はもちろん、松井証券でも忘れずに応募しておきたい。

2021年7月のIPOスケジュール

IPO企業 おすすめ証券会社
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
AIメカテック                       申込期間     当選 購入期間     上場   SBI証券
CONNECT
楽天証券
デリバリー コンサルティング                       申込期間     当選 購入期間   上場     SBI証券
SMBC日興証券
楽天証券
ブレインズ テクノロジー                 申込期間 当選     購入期間   上場       SBI証券
SMBC日興証券
楽天証券
サーキュレーション             申込期間 当選 購入期間             上場         SBI証券
楽天証券
CONNECT
ランドネット           申込期間 当選 購入期間   上場                     SBI証券
楽天証券
マネックス証券
アシロ   申込期間 当選     購入期間         上場                       SBI証券
楽天証券
マネックス証券
ラキール 申込期間 当選 購入期間     上場                               SBI証券
LINE証券
楽天証券
コラントッテ 購入期間     上場                                               SBI証券
楽天証券
LINE証券
ジィ・シィ企画 購入期間         上場                                                 SBI証券
岡三オンライン証券
BCC 購入期間         上場                                                   SBI証券
松井証券
IPO企業 おすすめ証券会社
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

過去のIPOスケジュール

2015
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
2016
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
2017
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
2018
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
2019
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
2020
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
2021
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12

このページのトップへ